スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが世界の終わり



「mommy」がかなり好きだったのでやはり期待膨らませての鑑賞。
「少し前にどこかにて」からの始まりにも気持ちがざわつく。
自分がもうすぐ死ぬことを家族に告げに帰るルイと、何も知らず12年ぶりに彼を迎える家族たち。
フランス映画界が誇る新旧ミックスのビッグネーム5人が一同に食卓を囲む画はちょっと鳥肌。
とにかく撮影が、この作品はどのシーンも美しいな、と思う。
鳩時計、窓、グラスや光、暗い部屋、空港、何もかも。
人物のアップが多用され、それに応える表情を持っているキャストなので苦しいほどにこちらにアピール。
全員ストレスを抱えてる、かみ合わない家族の会話は不毛で不毛で、早く本題に入らんかい!とやきもきするが、結局そこから動けないルイの弱さが痛々しくて、これがテーマなんだなと理解した。
家族のダークサイドや会話劇は大好物にも関わらず、普遍的な題材ゆえに無理もないんだけど、昨年観た「クーパー家の晩餐会」やおととし観た「8月の家族たち」を彷彿してしまって、特別な刺激を得ることが難しかったのが残念。
マリオン・コティヤールの別の意味での女優っぷりや、大好きなカッセル様のそのまんまの熱演が嬉しかった。

サバイバル・ファミリー




「サバイバル・ファミリー」

2月の2本目はお手軽にこれ。
ここ数本矢口監督は外すことが多かったのですが、サバイバルもの大好き、小日向さんも好き。
首都圏の電気消滅、乾電池やバッテリーも使えない謎の現象。
家族は九州の実家を自転車で目指す。
無謀極まりないし、突っ込みどころも満載だけど、私はとっても面白かったなあ。
この家族のサバイバル前の日常が妙に自然だし、サバイバル中は、次どうなるの?の連続で退屈しませんでした。
出てくる人、みんな面白いし。
宅麻伸のリップクリームとか。
水、食べ物、電気の有り難さ、改めて実感。
自分がそういう大変な目に合ってないから能天気なんですけど、おすすめです。

マリアンヌ




久しぶりの映画館。
スコセッシ「沈黙」にやられて、ちょっと他に気がいかなかったのですが、今週から注目作が目白押しなので、うかうかしてられません。
とりあえず、ゼメキス最新作「マリアンヌ」から。

正統派スパイラブロマンス。
時代は第二次世界大戦下、出会いはカサブランカ、そして舞台はロンドンへ。
クイーンズイングリッシュを操り、隙のないルックのブラッド・ピット。
そこはかとなく顔に違和感だけど、貫禄たっぷり、かっこいい。
でもやっぱりマリオン・コティヤール。
何やらせても決まる。
綺麗とかではすまされない強い意思を常に湛えている。
ラストの、ある表情は本当に心に残った。
前から思ってたけど、ブラッド・ピットは相手役の女優さんを引き立てる控えめなムードがあって、そこが好きかもしれない。

クラシックな映像美は素敵だし、バランス悪くない佳作だけど、もう一捻り!

ダーティ・グランパ




風邪、猛威をふるってますね。
私も新年会とかで体力弱っているせいか、風邪ぎみで、昨日はめちゃめちゃ寝ました。
少し回復した気がしたので今日は映画観に。
でも今日も早く寝よ。

「ダーティ・グランパ」

デ・ニーロ様のコメディは概ね笑えて大好きだし、ザックも「ハイスクール・ミュージカル」の頃から応援してるんだけど、これはあきませんでした。
残念!
ラスト近くの婚約式(?)のシークエンスは笑えた。

ドント・ブリーズ



今日から仕事です。
電車空いてる、それだけが嬉しい。

今年の初映画。
「ドント・ブリーズ」

前評判通りの傑作サイコスリラーでした。
ホラーじゃないんです。
痛さもあまりなし。
盗みに入った若者3人組と家の主である退役軍人の、お互いに譲れない訳あり超絶バトル。
退役軍人恐るべし!
めくるめく攻防の嵐。
でもって、読めない展開。
まだまだいけます、このジャンル。
知ってるキャスト一人だけ、明らかに低予算、でもこんなの作れるんだ。
本当に面白かったです。
まだシネコンでやってます。

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。