ペントハウス ②

120205

ベン・スティーラーとエディ・マーフィーの競演とのことで、
勝手にお気楽コメディだと思い込んでいたのですが、
お笑い色はかなり控えめで、かなり大掛かりなハイタワー・アクションが目玉。
この前観た「MI ゴースト・プロトコル」を彷彿。


続きは右下のContinuからどうぞ。
序盤、高級タワーマンションの造形と人間模様は興味深く、
これから先の物語の伏線にもなるんだろうなあ、と、
若干テンポの悪さを感じながらも見守っていました。
大好きなベン・スティーラーのマネージャーぶりは、
どこか温かみがあっていつもの彼らしくいい感じ。
ペントハウス・オーナーの詐欺が発覚して、
損したお金を奪還すべくちょっとトホホなメンバーでチームを結成。
盗みの練習や計画にかなり時間をかけていたものの、
そこに来る笑いも何かありがちなものばかり。
クライマックスのフェラーリ搬出作戦もあり得ない感が先に来て、
ハラハラしながらも気持ちが乗れず。
結果、チームプレイの爽快さもまったく感じられない上に、
ベンの存在も思い切り薄くなってしまってました。
ちょうど中だるみの頃に出てきたエディ・マーフィーの話芸には
ちょっと新鮮さを感じたものの、結局は彼の役割も中途半端。
一番楽しかったのは、マンハッタンのメイシーズの感謝祭パレード、
さすがに抜かりなく再現されていて素晴らしかったです。
あと、ティア・レオーニが熟年の美貌と、
ハスキーボイスで相変わらず素敵でした。


満足度 ★★

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/78-7d7936ff

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!