スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 相棒 劇場版2

110110


今年の初映画は“相棒 劇場版2” でした。
年末のテレビシリーズの「ボーダーライン」や、
元旦の「聖戦」など、「相棒」season9はレベル高くて面白い、
期待して出かけました。
さすが劇場は、まだかなりの入り。

水谷さんが言っていた「ゾーンを越えた」の意味、
なんとなくわかりましたが・・・。
その問題については、結構いろんなところで語られているし、
そんなに驚きはなく。
設定のほうもかなりこじんまりした印象で、
映画としてのスケール感のなさにちょっとがっかり。
「死んだ恋人」とか「学校時代の友人」とか、
使い古されたプロットだし、
工作・もみ消しなどもなにやら不自然。
あんなに仲良くしちゃダメでしょ?あの人たち。
全体的にモヤモヤした感じだったけど、
さすがにクライマックスの事件にはびっくり。
そ、それは~!とわなないてしまいました。
書けないけど・・・。
そしてこの後のテレビ版はどうなるのか?
う~ん。
今作のミッチーはかっこよかったです。
小西真奈美さん、キリリとした表情、美しかったし、
涙のタイミングも絶妙でしたが、
あんな警察職員はいないんじゃないか、と。
特に公安には絶対にいないよね。
「この男、誰でしょう?」と、
ソウ・リューメイの写真を見つけるシーンで、
思わず「陣川警部の弟じゃん!」とつぶやいた人、
私のほかにもいますよね?

これから、“ソーシャル・ネットワーク”“RED レッド”
“ヒアアフター”“ナルニア” “ザ・タウン”“悪魔を見た”
などなど観たい作品が続々公開されるので、
今年は飛ばしていきたいです!
本当に映画いっぱ~い観たいよう!


私の満足度 ★★☆




関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/7-cd373141

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。