スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パディントン2

20111012


「パディントン2」

絵本以上に絵本のようなパディントン・ワールド、その視覚的なときめきももちろんのこと、パディントンの無垢な優しさに憧れる、今さらながら、私も彼のようになりたい。
パディントンの声にベン・ウィショーを充てたブレーンに拍手、絶妙なキャスティング。
前作「パディントン」は、きらめくロンドンとその世界観にやられ、パディントンが家族を得るまでの紆余曲折には何度も涙。
今思い出しても泣けてくるピュアなシーン満載、ヒールなニコール・キッドマンも最高で、忘れられない1本だけど、今度のパディントンも別の素晴らしさがありました。
パディントンが前より微妙に可愛くなってる!
これポイント高いです。
ウィンザーガーデンの街、飛び出す絵本、移動遊園地、ブリリアントな美術もグレードアップ、ブラウン夫人のお洋服も含め、何もかもがかわいい。
「外から来た誰か」によって人々が変わる物語はいつ観ても好き。
彼の隣人愛や優しさもそのままで、周囲にもたらす影響力はますますもって。
前作に続き、ブラウンさんがやはり一番人間らしく怪訝だしあれこれ悩んでいるのに、結局はパディントンの最強の味方になる&お笑い担当という構図も鉄板。
刑務所のマーマレード作りのとことか、ちょっと長いなと思うシークエンスもいくつかあったけど、クライマックスの列車アクションとか、新しい風も。
ヒュー・グラント演じる落ち目の俳優の尼僧コスプレが今回一番笑ったとこなんだけど、「他の俳優に潰されるから、誰とも一緒に仕事をしない」という彼の孤独が切なくて、だから最後はほっとしました。
そういえば、前作のニコール演じるミリセントも一人ぼっちだった。
久しぶりにルーシーおばさんに会えてよかったね、パディントン。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/493-8e2b966d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。