ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!



「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」

なんてわかりやすい邦題、そのまんまです。
1995年のサラエボ、米海軍のはみ出し者5人が、湖底に沈んだ第二次世界対戦時のナチスの金塊を捜して潜ります。
ダム爆破により沈んでしまったお宝眠る湖底の街はとてもノスタルジックで美しく、その出現シーンには高揚しました。
そこだけでももう一度観たい。
冒頭の掴みのアクションははみ出し者達らしく、ちゃんとド派手にやってくれますが、肝心の金塊奪取作戦は割と地味です。
何せ水の中なので、自由が効かなくスローだし、見てるほうも落ち着いてしまうのですが、ネイビーだから仕方ない。
ラストは安定の大団円、サラエボの現在があればこそです。
5人のキャラも、皆真面目で全然派手ではなく何だかいい奴ら、面白くはないものの、好感が持てます。
そんな中で、セクシー部門担当のスタンを演じるチャールズ・ビューリー、どことなくデヴィッド・ボウイを思わせるエキセントリックなハンサムで、これからも注目していこうかなと。
やはりイギリス的なお顔に弱い私です。
彼らの話せる上官にJ・K・シモンズ、相変わらずキレがよくてまたいい仕事してました。
続編あるならまた観ます!
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/486-2f018f8f

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。