スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルージュの手紙



「ルージュの手紙」

フランス映画界のWカトリーヌ、ドヌーヴとフロの初共演作品はどうしても観ておきたくて、年明け早々に張り切って。
結果、今年のベスト3間違いないな、なんて早くも思ってしまうほど好きな作品に。
シネスイッチ館内は、往年のレアなドヌーヴさまの作品ポスターをざっくりと掲示。
感慨深い。
原題はヒロインの職業でもある「Sage femme=助産婦」、それを念頭に観ると、また違った何かを受け取れる気がするから、タイトルって大事だ。
74歳にして革のコート&ヒールにケリーのドヌーヴが素敵に貫禄で感動。
あの毛量が羨ましい。
髪の印象が40代頃となんら変わっていない。
歳を重ねても半端なく目映い存在だけれど、ヒロインはフロねえさん、リアル過ぎるほどリアルな中年女の姿を惜しみなく見せてくれる。
程よく脂肪のついた裸の背中のショットに気持ちがざわつく。
彼女の演じるクレール、50を迎え仕事も人生も変わりつつある中、数十年ぶりに突然現れた父の元恋人がドヌーヴ演じるベアトリス。
強烈なスパイスとしてクレールの生活を刺激し始める。
ドヌーヴの一挙手一投足から目が離せないし、久しぶりのオリビエ・グルメが全然変わってなかったり、パリ&ワインだったり、私にとっては見どころばかり。
加えて、絶妙な人物配置と心憎い演出でもって、過渡期を迎えた働く女の可能性や過去との向き合い方がひしひしと来る。
変わることや終えることをいつかはしないといけないんだよね、もちろんそれらを受け入れることの難しさは絶対にあるけれど、なんてわかりきったことを改めて反芻。
クレールの超絶ハンサムな亡き父のスライドと、遊びに来た息子の顔が重なるシークエンスは大好き、ときめいた。
ラストの、無人の壊れたボートはいろんな想像を掻き立て、今も思い出しても切なくて泣けてくる。
それにしても上映館が少なすぎる!
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/485-a57895ed

Comment

ジル

奏さん、コメント見るの遅くなってごめんなさい!
本当にお久しぶりです。
すご~~~く嬉しい、訪問してくれて。
最近こちらは閑散としてまして、笑。
ルージュ、素敵な映画でした!
思ってた以上にシリアスでしたが、
心に来ました。
目の保養にもなり。
例のスライドのシーン、本当によかったですよね。
さすがフランス好きの奏さん。
またぜひお会いしましょうね。
  • URL
  • 2018/01/26 19:43

お久しぶりです!
ご無沙汰して申し訳ありません。
まだリンクがあってよかった!
いろいろあってやっとネット復活しています。
こちら私も観ましたよ。
とても素晴らしい作品ですね。
何とも言えない余韻がフランス映画らしいです。
私もスライドのシーンが大好きですよ。
また映画の話、お願いしますね。
  • URL
  • 2018/01/21 10:34
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。