勝手にふるえてろ




「勝手にふるえてろ」

今年の初映画。
綿矢りささんの原作を今をときめく松岡茉優ちゃんで映画化。
26歳、非リア充女子の現実と脳内ワールドをこれでもかこれでもか、と。
うちにも同じくらいの娘がいるので、本当にこの感じわかる!
話し方もまるっきり同じで超リアルで笑える。
誰にも迷惑かけず普通に、むしろ地味に暮らしてはいるものの、プライド高くて変な理論持ってて今でも夢見てて勝手なことばかり妄想してて果てには暴走して結局優しい友達たちを振り回したりしてやっと落ち着く的な。
普通はこういうヒロインにはイラつくんだけど、彼女の心の機微がよく見えるように作られてるので、何だか泣けてくる、自分の若い頃とも重ねてしまうし。
ミュージカル仕立てで吐露するとこなんて、あーこの手法?と思いながらも切なくなりました。
霧島くんを演じた渡辺大知くん、表情でモテない感じをうまく出してて、でも時々かっこよく見えて、全然ナシじゃないとこがうまいなあ、と。
こんだけ出ずっぱりなのに、まったくブレずにヒロインを演じきった茉優ちゃんもすごいし、脇も思いがけずはいりさんだったり古舘さんに北村匠海くん、個性派揃いでちょっとお得な気持ち。
関連記事
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/484-f82acac9

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。