「アシュラ」




春の韓国映画祭り、主要三作の中ではこれが一番の手に汗握り度でした。
ほぼ全員地方都市の公務員なのに、ヤクザを越える修羅場の連続。
斧は嫌だ!と目を覆いながらのラスト40分の地獄絵図。
どこまで行くのか、韓国ノワール、です。
4人の主要キャストがそれぞれに素晴らしすぎて、最終的には彼らに夢中、ストーリーそっちのけでときめいてました。
揃ったよねえ、見事に。
ウソンさんはどんな時でもかっこ良くて、核となる大物感がさすが。
もっと顔とかグズグズになってくれれば一段と好きになったのに。
ドウォンさんは、私の一番好きな冷酷慇懃な彼、期待通りの終末。
ジフンくんはとにかく美しくて、アルマーニがお似合い過ぎてため息。
そしてやっぱりジョンミン兄貴です、何と言っても。
最強の人でなしキャラと、それを完膚無きまでに演じきる兄貴にくぎ付けでした。
「浮気な家族」から始まって、この間の「コクソン」といい、一生ついて行こうと感慨を新たにしました。
見逃してるのもいっぱいあるので、近々ひとりジョンミンフェス開催予定です。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/471-f039ac7d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!