スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セル



ついつい観ちゃいますよね、スティーヴン・キングもの。
最近のはいったいどうなってんの?と思いつつも「ミスト」みたいな怪名作に出会えることもあるし。
これもほんとにいつもの展開で、わ~やっぱりね~、って感じなんですけど、なんとも言えない満足感を味わいました。
「1408号室」に続いての、ジョン・キューザック&サミュエル・L・ジャクソンのコンビに加えて「エスター」ことイザベラ・ファーマンちゃん。
3人見てるだけでもワクワク。
携帯利用中に謎の電波で人々が感染、凶暴化して町は潰滅、未感染者のサバイバルが始まる。
ほとんど「ウォーキング・デッド」の世界、既視感は否めませんが、これが書かれたのは今より10年以上前ということなので、やっぱりキング御大はすごい。
パニック時の緊迫感、途中に出現する不思議ピープルのキャラ、ラストのとんでもっぷり、などなど最近のキング映画は違う意味で楽しくなってきてます。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/462-0b55e79a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。