Dearダニー 君へのうた



Dearダニー 君へのうた

アル・パチーノの新作というだけでも嬉しいのに、歌って躍る姿が見られるなんて!
今回彼は落ち目の国民的歌手ダニー・コリンズに扮します。
冒頭、ノスタルジックな70年代のセットと一瞬映る若いダニーにドキリとする。
あれは誰が演じてたのでしょうか、とても心に残るワンショットでした。
そして現在の、アルコールとドラッグにまみれたドニー。
ああ、アル・パチーノです。
確かに歌って、ちょっと踊ってもくれましたが、やっぱりいつものアル様でした。
佇まいが普通じゃない。一挙手一投足に惹きつけられます。
マンネリ停滞自暴自棄丸出しのドニーが、ジョン・レノンからの手紙を数十年の時を経て、初めて読むシーンは白眉。
流れるイマジンとドニーの大きな瞳に溢れる回顧の光に胸が熱くなります。
ダメ男の心に去来する青春を垣間見た、ここが一番泣けました。
その後の彼の変化、家族との再会など、ひとり勝手な部分も否めませんが、憎めない。
破天荒な金銭感覚も楽しい。
アネット・ベニングはじめ、他の役者もみんなうまいから飽きない。
実話を下にしているこの物語、彼が演じることでまったく別のものになっているとは思いますが、
アル・パチーノを味わい、レノンの優しさと影響力に触れ、
いろんな人生に心を打たれます。
途中出てくる昔のアルとクリストファー・プラマーの写真など、
ちょっとした演出や小物まで気が効いていて、観てよかったなと素直に思える作品でした。

★★★★

2015-50
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/423-de50d3b8

Comment

ジル

タケヤンさあ~ん!
管理者のみに公開になっていたので、コメントになかなか気がつかず、
レスが遅くなってごめんなさあい!
ありがとうございます、
今年もよろしくお願いいたしたします。

「おみおくりの作法」よかったよね!
ラスト、泣けて・・・
なんだか最近はないパターンだったので感動。
ルコント作品を思い出しました。
「さよなら歌舞伎町」もタケヤン観てましたよね?
「セッション」「MOMMY」もベスト10入りしました。
面白かった!
「人生スイッチ」もよいかったし、なかなかな2015年でした。
SWファンとしては外せない年ですし。
あと、「はじまりのうた」を見逃したのが痛手です。
あれは劇場で観たかった!
今年も細々とこちらも続けますので、またおよろしくお願いいたします。
2016年のタケヤンさんの1本目はなんだろうなあ。
  • URL
  • 2016/01/09 17:58

タケヤン

こちらでは、たぁ~~~いへん御無沙汰でございます。
先日は久々にうちの掲示板に書き込んでくれて嬉しゅうございました。
ありがとうです。
さて、掲示板世代なので(笑)、ブログだとどこに書き込んでいいか
迷っちゃうので(汗)、とりあえず一番新しい場所に・・・。

ジルさん、今年はいっぱい観てますねぇ。 いい傾向です(笑)
なんと!俺とカブってるのが12本もある!(嬉)
その中ではなんといっても「セッション」と「おみおくりの作法」ですね。
「セッション」は“お、これはそのまま融和した感じで終わるのか?”と
思いきや、怒涛のラストへ突っ走る辺りが凄かったなと。
「おみおくりの作法」はやっぱりあのラスト。
これは本当に上手いラストだったよね。
やられたぁ~~~!

ところで、「ビッグ・ゲーム 大統領と少年ハンター」って何?(笑)
こんなのやってたっけ?
いかにもB級感満載のポスターの絵柄が妙に気になったのでね。

いよいよ暮れも押し迫ってきましたが、来年もお互い、映画をいっぱい
観れるといいですね。
  • URL
  • 2015/12/27 23:33
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!