ヴィンセントが教えてくれたこと



ヴィンセントが教えてくれたこと

ビル・マーレイが大好きなんです。
やはり始まりは「ゴースト・バスターズ」だったのかな。
「おつむてんてんクリニック」とか「恋はデジャブ」のような純正コメディの彼が一番嬉しいのですが、
少しシリアス目の巨匠の作品でも、飄々とした自分の持ち味をそこに吹き込み、
不思議な可笑しみをもたらしてくれるのです。
自身が湛えるペーソスがどの作品からも薫ってきます。
この映画でもそうでした。
酒とギャンブル三昧の自堕落な老人ヴィンセントの本当の姿が、
隣に越してきた少年オリバーとの触れ合いで徐々に明らかになっていく様子が自然に描かれます。
だらしないだけに見えるダメ男が抱える愛を知ったとき、
なぜこんなに切なく愛おしい気持ちになるのでしょうか。
誰でも誰かの聖人になれる‥‥オリバーのスピーチにも泣きました。
ラスト、カセット型のウォークマンを聴きながらタバコをくわえ、
水撒きをするヴィンセントの姿が忘れられません。
やっぱり ビル・マーレイ、最高!

★★★☆

2015-49
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/420-edb141b9

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!