スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングスマン



キングスマン

予告の懐かしい音楽や軽快な会話で、
ワーキング・タイトル的なお洒落なスパイ映画をイメージしてると大変な目に合う。
何つったって「キック・アス」のマシュー・ボーンが撮ってるんだから、
一筋縄で行くはずない。
のっけから痛いシーンの連続。あわわ。痛いよ、痛いよ。
ロンドンの仕立屋に潜む歴史ある私設スパイ組織は
思った以上にスケールが大きく本格的。
新人選抜も命がけ。敵の悪巧みも世界規模。
いい意味で期待を裏切る世界観。
スタイリッシュな映像は目を見張る物があり、
ブリティッシュ風味はアッパーもロウワーも完璧で、
英国好きにはたまらない。
正統派スパイ要素満載ながらも、この監督ならでは破天荒さに度肝を抜かれる。
やりたい放題だ。
コリン・ファースのアクションは意外性と完成度の高さで魅せてくれて、
ファンにはたまらないカタルシス。素敵!
サミュエル・L・ジャクソンの悪カリスマっぷりも久々に堪能。
新星タロン・エガートンは堂々とこのイケてる大役をこなし、
未来を手中に収めた。
マーク・ストロングも美味しい役どころ。
それにしても、キル・ビル並の教会での大乱闘を筆頭に、
暇なく入れてくるスリルとアクション、この監督のエネルギー半端ないなあ。

★★★★

2015-48
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/416-790316fe

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。