進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前編




進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前編

永遠の課題、観てから読むか、読んでから観るか‥‥私は読んでから観るほうが多かったのですが、
今回は観てから読みました。
映画の巨人、気持ち悪い!
ふつうのおっさんとか中年女性とかの裸体で巨大化がこんなに恐ろしいとは。
今でも思い出すとフルフルします。
原作ではしっかりと説明され構築されていた、この世界の成り立ちと
システムが映画ではめちゃめちゃ端折られててチープに感じました。
仕方ないとわかっていても日本人ばかりのキャストにも違和感。
読んでてガツーンと泣けた「世界は残酷」というミカサの言葉が、
映画ではまったく響かなかったのも残念。
限られた時間の中でのことなのである程度は仕方ないけど、
主要人物の背景はもう少し見せてくれないと説得力ないです。
最新の技術を駆使しているに違いないのに、
なぜこの程度のスケール止まりなのかも不思議でたまりません。
マンガよりマンガっぽいぞ!
キャストはみんな頑張ってたけど、無駄に見せ場作ってあったりでバランス悪い。
まだ5巻しか読めてないけど、原作の深さが際立つ映画化でした。後編頑張れ!

2015-40

★★☆
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/405-23a18827

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!