スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ART』




『ART』2015年5月2日
サンシャイン劇場

私の観劇の師匠に超良席を確保していただき、大好きな市村正親さんの舞台を観に行きました。彼のミュージカルはどれだけ観たかわかりませんが、今回の舞台は本当に久々のストレートプレイ、果たして還暦を超えた市村さんの、歌も踊りもない演技をどう受け止めることになるのか、限りなく楽しみでした。この「ART」は市村さんのほかに、平田満さん、益岡徹さんのみの3人芝居。フランスの劇作家、ヤスミナ・レザの作品で3人の男の友情や人生の機微を描いたコメディ。コメディとは言えども、シニカルな人間批判の漂う長台詞の応酬、言葉そのものではなく、成熟した大人のみが理解できる微妙な人間関係の軋みやずれを役者の力量で笑いに持っていきます。台詞回し、間合い、アクションでそこはかとない可笑しみが湧くのです。市村さんのコメディセンスが光ります。明らかに彼が舞台を引っぱっています。ファンの欲目か、いや違う。歌もダンスもないからこそ、役者として男としての市村さんの姿が浮かび上がり、魅了されるのです。もちろん、益岡さん、平田さんも生粋の舞台人、それぞれの役割をきっちりとこなされています。平田さんの5分に渡る長台詞は見事なもので大喝采。16年ぶりのオリジナルキャストでの再演。白い絵、無機質なセット、3人の立ち姿。いろいろなかたちの演劇があるということ、それをみるという喜びを新たにした1時間30分でした。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/396-eff4f257

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。