脳内ポイズンベリー





恋に悩むヒロインの脳内で起こる葛藤を擬人化、というアイディアは、ありそうでなかったかも。実際、人が悩んだり決断を迫られる時って、頭の中でいろんな声がささやいてる気がするから、すごく共感できる。恋だけでなく、いろんな状況で面白いものが作れそう。ハードな役が多い真木よう子ちゃんが普通のアラサー女子、いや、あのニット帽にお洋服はちょっと痛いくらいだけど、新鮮ではあった。彼女の脳内のメンバーは、西島秀俊くんに神木くんに吉田羊さん、浅野和之さんなど。神木くんのテンションの高さがかわいし上手い。西島くんもクール。ヒロインが恋する年下の草食男子も、ヒロインに恋する大人な編集者も、出したい雰囲気はわかるんだけど、今ひとつ個性と魅力に欠ける!この物語のメインは脳内の会議、やはりそちらに重きを置いたからか、リアルワールドの男子が手薄。このキャスティング、大事だと思うんだけどなあ。そのせいか、鑑賞直後は、なかなか面白かった、と思ってた気がするんだけど、今はほぼ何も残っていないのです。せめて、よう子ちゃんのボンデージだけでもも少しハードに決めてほしかった!残念!

2015-28 ★★☆
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/388-8e3bc064

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!