スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑩ ANNIE アニー




ANNIE アニー

舞台も以前の映画も観ていないので、
新鮮な気持ちで鑑賞。
とてもチャーミングで軽やかで、
大好きな作品に!
開放感溢れるロケーションが今も蘇ってきてワクワク気分。
ミュージカル感は控えめだけれど、そこがまた爽やかさにつながったのかも。
主演のクワベンジャネちゃんの魅力的なこと。
明るくて知的で前向き、それだけでない何か不思議な生命力を感じさせる存在。
演じているのではなく、彼女自身から溢れ出るもの。
逸材!
とはいうものの、アニーの境遇はのっけから私の涙を誘い、'tomorrow'でもうハンカチ握りしめる。
ベタなお話の展開は気にせず、
ワンシーンごとを楽しむ。
'Opportunity'は今思い出しても心震えるシークエンス。
アニーとスタックスの気持ちが通じ合う瞬間を見事に描いた珠玉のシーンだ。
撮影がまた素晴らしいの。
youtubeで何回も繰り返しみてます。
もちろん、ジェイミー・フォックスはうまいしキュート。
ローズ・バーンもちょうどいい美しさと優しさで素敵。
キャメロン・ディアスはやっぱりちゃーんと作り上げていて、まったく違和感なくライトなbitchをモノにしていて楽しかった。
彼女の出番は画面が盛り上がるのね。
クワベンジャネちゃんあってのこの作品だとは思うけど、絶妙なバランスのキャストと、ニューヨーク!
観てよかった!

★★★★☆

2015⑩
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/374-8bcbb536

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。