31 「6才のボクが、大人になるまで。」

fc2_2014-11-22_22-10-23-801.jpg


なんともすごい映画をさらりとしたタッチ で作り上げてしまうリンクレイター監督。
「ビフォア・ミッドナイト」を観終わった 後にもそう思ったけれど、
またさらにその上をいくアイディアと手腕 に脱帽。
12年間1年に1度同じキャストが集まって 家族を演じ続け撮影が行われ、
主人公メイソンくんの成長を軸に、
他の キャストも自然に歳を重ねていく様子を 1本の映画の中で見ることができるので す。
メイソンくんを演じたエラー・コルトレー ンくんの成長具合によって、
ドラマのなりゆきは変わる可能性があったというのですから驚きです。


続きは右下のcontinueからどうぞ




えなりくん、神木くん、最近では加藤清史 郎くんなどなど、
いろーんな子役が大人になる過程をみてき ているはずなのに、
1本の映画の中でみるそれは本当に不思 議。
子役→俳優に、突然別人に変わるパターン が当たり前なので、
こちらのほうにザワザ ワと違和感持つくらい。
初めての映像体験でした。
もし前知識なくみた人がいたら、
随分似 た子役見つけたなあ、老けメイク自然すぎ るなあ、
などと最近の映画技術に感嘆する ことでしょう。
離婚、再婚、引越し、転校、DV、いろん な環境の変化はあるものの、
淡々とメイソンくんの日常を追う構成はい ささか退屈な部分もあり、
12年を凝縮するのだから無理もないのです が、
2時間45分と長めなので、
ぼーっとしてしまうこともたびたび。
気がつくとメイソンくんは少しずつ大きく なっていて、
ついには18才‥‥ 確かにこの風貌ならこういう未来型だよ なー、と納得。
彼だけでなく、姉のサマンサちゃんの成長 の速度にも驚くし、
ママの体型やお顔、髪型の変化も見逃せま せん。
印象的なシークエンスとしては、
最初の引 越しのときに自転車で追いかけてきた友達 の姿、
2度目のパパの連れ子たちとの突然の別 れ、
車をもらえる約束を反故にされたメイ ソンくん、
ママの軽いアドバイスで奮起した元配管工 の感謝、
ぐっと来ました。
パパの再婚相手の実家での休日のくだりも 面白かったな。
この物語を象徴するような、
時間に関する セリフを最後の最後に初めて登場する女子 に、
サラリと言わせてこの12年の物語の幕を閉 じるあたりがこの監督らしさ。
「スクール・オブ・ロック」に続いて、本 当に子どもを撮るのがうまいなあ。
やっぱり「スクール・オブ・ロック」も続 編作ってほしい!
しつこいけど!





関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/347-c9b0a168

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!