スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビータ 野村玲子さん!

evita.jpg


野村玲子さんが13年ぶりに「エビータ」を演る、と聞いて少し興奮しました。
アンドリュー・ロイド・ウェバーの楽曲が大好きな私にとって、
「エビータ」のナンバーはどれも魅力的。
他のウェバー作品と同じくとても難易度が高く、
歌い手にはかなりのテクニックが要求されます。
ヒロイン・エビータの歌う曲も多く、演じるのにかなりのスタミナも必要です。
昔、何度か玲子さんの「エビータ」を観ていますが、
美しくて小柄な彼女はエバに合っているとは思いながらも、
大きな感動を得たことはありませんでした。
もちろん、歌も演技もそつなくこなしていました。
それは彼女が演じたほかの作品のタイトル・ロールでも同じで、
きれいで素直な演技の玲子さんはいつも好きだったけれど、
大きく心を揺さぶられた記憶がないのです。
長きに渡って四季のトップを走ってこられ、
代表夫人となりその地位は不動ともいえる今、
50代手前にして奮起しもう一度あの難役を演じる決意をした、
その事実に打たれるものがありました。

2日前にもうひとりのエバ・秋夢子さんが早々に登場、と聞いて、
玲子さんは観られないかもしれない、と思って劇場入りしましたが、
この日は玲子さんが戻っていました。
美貌で歌唱力に定評のある秋さんのエバも絶対に観たいのですが、
今日はできれば玲子さんが観たかったのでほっとしました。
演出も自由劇場向けなのか、少し変わっていて、
最初のエバの登場は歌声だけになっていました。
なので、いきなりヤング・エバの登場です。
ビジュアル的にはぎりぎりのライン、
続いて「ブエノスアイレス」 ではやはり声に張りが欠け、
ところどころかすれ気味。
しかし、かなり気持ちが入っていて力強く、
アクションや表情でそれをカバーしていたと思います。
流れるような仕草や目配せのしかたがさすが、
エバ独特の手の上げ方や、意思のこもった立ち姿が小気味良く美しい。
何着も変わる煌びやかな衣装もよく似合っている。
やはり華があります。
後半に入って、落ちていくくだりの演技は特に心に残ります。
ああ、こんなに「哀しみ」が似合う女優さんだったんだな、と。
それは先日NHKで放送された「思い出を売る男」を観た時にも感じました。
年齢と経験を重ねて、全身で思いを表現できる女優さんになられたのですね。
確かに、前半の「ブエノスアイレス」ではもっとキレと声量を、
「泣かないでアルゼンチン」では安定して力強いボーカルを求めてしまうので、
その部分では満足とは言い難いのですが、
ひとつひとつ丁寧にやり遂げようとしている気概が伝わってきて、
ちょっと泣けてくるほどでした。

楽曲が好きなので、それぞれのキャラクターに対する、
自分のイメージもかなり大きく持っています。
芝さんのチェは久しぶりでしたが、相変わらずパワフルなチェ、
ユダを彷彿とさせるシャウトも健在、いつまでも 若々しくて安定した声。
微塵のブレもありません、素晴しい。
私はどちらかというとチェはもっと飄々として、
次元の違う存在感を持っているほうが好きなのですが、
芝さん自身が好きなので、熱いチェもいいかなと思ってしまいます。
金田ペロン、素敵です。
金田さんのチェは観たことがないので、それもぜひ一度観たいとは思いますが、
ペロンはやっぱり歌えてハンサムでないと困ります。
今までにないくらいシャープな風貌のペロンにクラクラしてしまいました。
ペロンは「エリートのゲーム」では姑息、自信がないと泣き言を言ってみたり、
ミストレスもあっさりと捨て最後はエバも見放す、ズル男ですが、
そんな金田さんもいいわあ。
お歌もすごい、どのナンバーも声量豊かに楽々と歌い上げうっとりさせてくれます。
彼に合わせてか、今クールは背の高い男性アンサンブルが多かった。
迫力がありました。
大好きな白倉一成さんも「ウィキッド」からこちらに移っていて嬉しい。
古参の菊地正さんのダンスも相変わらずキレがあって、
昔とちっとも変わりません。
本当にアンサンブルは年々素晴しく進化しています。
唯一、マガルディだけがどうしても物足りません。
私の中で、マガルディはもう少し若くて艶のあるキャラクター、
そして声は誰よりも張りがあって、
「チャリティー・コンサート」の「今宵~♪」でゾクゾクさせてくれる・・・、
そう、いまだに下村マガルディの呪縛から逃れられないのです。
マガルディが変わると舞台も大きく変わります。
久しぶりに観た「エビータ」はいろんな意味で新鮮なものでした。
次は大きくキャストが動いた時に、すぐに観に行きたいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/305-9cc2abf5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。