スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイーダ  めぐみさん&金田さん

さて、いろんなメディアでも取り上げられ、 チケットの売り上げも好調な四季の「アイーダ」・・・
期待の新ラダメス、金田俊秀さんがデビューしたと聞いて、
毎日ソワソワしていたのですが、やっぱり観に行って来ちゃいました。
S席1階もチラホラと空いていたのですが、
4列目センターブロックがあったので2階席からの観劇です。
今度はちゃんと最初から観ました!(当たり前)
いや~、オープニングいいですなあ~。
何かが起きそうな博物館内、すれ違う白い服の人々、
アムネリスの後姿・・・ワクワクします。
やっぱり金田さんは背が高い、かっこいい~。
お顔立ちはしっかり韓流ですが、彫りが深くて精悍です。
アムネリス、アイーダに惚れられるだけのオーラがあります。
そして、ううう、歌が巧い~~~。
高音がしっかり音程取れていて、伸びる、あぶなげがない! 感動です。
いやはや、CDの阿久津ラダメスの上の上をいく巧さです。
(もちろん阿久津さんには阿久津さんの良さがあるけれど)
1曲終わるごとに、次の曲への期待が膨らみます。
私の大好きな「儚い喜び」の「ど~なったのだあ~、この俺は~」 の部分が、
思っていた以上にソフトタッチでドキドキ。
お稽古のときより少し抑えていたように思います。
「迷いつつ」ではめぐみさんの声量に負けないながらも、
手やお顔は激しく演技をされていて、
触りすぎなくらいアイーダを求めておられました。
なんつ~か、爽やかなエロス? いやこりゃ忙しくて大変な曲だよ~、とゴクリ。
私はしっかりと2階席からオペラグラスでチェックしてましたが、
いろんな場面での表情もかなり気持ちが入ってました。
残念な部分といえば、やはりセリフ。
しっかりと発音されていましたが、わずかながら残る違和感。
四季の独特の発音方法でうまくカバーされていますが、
やはり固さを感じてしまうのです。
とはいうものの、異国の言葉をこれだけネイティブに近く操れるなんて、
本当に外国人キャストさんの努力には恐れ入ってしまいます。
素晴しいです。
まだ登板して1週間、これからどんどんこなれて、
最終的にはまったく気にならなくなると思います。
格好良くて、優しくて、歌がめちゃめちゃに巧い金田ラダメス、
何度でも観ても飽きる気がしない、またすぐにでも観たい。
そして由衣さんのアムネリス、今日は一段と歌が冴えてました。
初日はめぐみさんの素晴しいアイーダで頭がいっぱいでしたが、
今日は由衣さんの歌も堪能でき、
やっぱり優しくてかわいくて好きだなあ、と改めて感じた次第です。
ネヘブカの松本さんの歌も澄んだ声で美しかったし、
ワイスさんは一番エジプト人っぽく、
「どちらかというと傍で声援を・・・」をでも大爆笑を取ってました。
ゾーザーズのイケてる面々のお顔もチェックできたし、
大好きな「オーケー、メレブ。早くしてくれよな。」も聞けたし、
実りの多い観劇でありました。
めぐみさん、今日は3回泣いてたな・・・
カーテンコールの小走りもかわいかったなあ。
2階席からは機能的で美しい舞台装置の素晴しさがよくわかります。
金田ラダメスの力もありますが、本当に2回目の「アイーダ」はよかった。
きっと金田さん以上の色気を持っているに違いない、
阿久津・シャウト・ラダメスも早く観たいです。


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/300-c3d3720e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。