スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリップ・シーモア・ホフマンたん

大好きな大好きな俳優さんです。
訃報に衝撃を受けました。
すべての出演作で比類ない存在感を残す、
稀有な演者でした。
御冥福をお祈りします。



関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/235-219f9896

Comment

ジル

takさん、メッセージありがとうございます。
本当にショックで心痛いです。
素晴らしい役者さんでで、同じ役者さんたちからも思い切り認められていて、
まだまだこれからたくさんの名作生んでくれるはずだったのに。
薬物で命を落とす人が多すぎる。
残念すぎます。
takさんのあげてくれたROCKな作品も彼のいろんな面のひとつで大好き。
私が一番に思い出すのは「セントオブウーマン」の彼。
すごい前の作品ですが若くて出番も少ないけれど、
なぜか目がいってしまう。
鮮烈でした。
「レッドドラゴン」での彼も好き。
「フローレス」「カポーティ」「MI3」などのクセのある役も素晴らしいけど、
ほんとに助演中の助演なのに印象に残る彼が好きでした。
ああ、でも数え切れない、ほんとに好きでした。
  • URL
  • 2014/02/09 21:32

tak

僕にとってフィリップ・シーモア・ホフマンのイメージは、"音楽の伝道師"でした。大好きなロック映画2本で伝説のDJを演じている印象が強かったからです。
「あの頃ペニーレインと」では「商業主義が好きなロックをズタズタにしちまうぞ!」と主人公の少年に語り、そして不屈の海賊FM局のDJを演じた「パイレーツ・ロック」では、「世界を変えるのは政治家じゃない。ロックンロールが世の中を変えるんだ。」と沈みゆく船で叫んでました。スクリーンに向かって拳を突き上げてもう一度「ロックンローーーーール!」と叫びたかった。
まだ観ていなかった「カポーティ」観ることにします。
  • URL
  • 2014/02/08 00:21

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。