スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル・ミーツ・シンフォニー 2013

ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2013 サントリーホール 2013年2月1日

出演:石丸幹二、濱田めぐみ、笹本玲奈、田代万里生

特別ゲスト:ラミン・カリムルー

オーケストラ:読売日本交響楽団

指揮:円光寺雅彦

錚々たるミュージカルナンバーが一流の交響楽団によるフルオーケストラで。
四季退団後、初めての濱田めぐみさんの歌唱に涙。
ゲストはあのファントム、世界のラミン。
思い出してはうっとりしてしまう、贅沢で濃密な時間でした。
ちょっと長くなりますので続きは下の「continu」から。


1曲たりとも気の抜けない渾身のパフォーマンスばかりでしたので、
敬意を表してすべてに感想を書きたいと思います。
と言いつつもシンガーの敬称は略で失礼を。

第一部 eternal love&dream 永遠なる愛と夢

「サウンド・オブ・ミュージック」より主要曲すべて オーケストラ演奏

とにかく、サントリーホールの音響すごすぎる。
抽選で割り当てられた席が、ちょうどステージの真後ろの席だったので、
オケがよく見えて音の響きも直で、ゾクゾクします。
シンガーの姿は後姿・横顔のみなのですが。

「RENT」よりSeason of love 全員

女性二人はきれいな色のドレス姿、男性二人はシルバーのスーツ姿で盛装。
いきなりのSeason of loveに狂喜。
フルオケでこの曲が歌われるのは初めてじゃないか、と石丸さん。
石丸さんがメインMCで進行役でした。
演奏はすごいんだけど、席のせいかボーカルがこもってしまって残念。

「マンマ・ミーア」より Mama Mia 全員
「マンマミーア」より Dancing queen 濱田・笹本


濱田さんのマンマが聴ける喜び。
そしてフルオケでのこの2曲、新鮮そして格別なABBAでした。
「濱田さん、何かなじみ深い感じですか?」と石丸さんの突っ込みも。
むろん、四季の訳は使えないので英語バージョン。

「エリザベート」より 闇が広がる 石丸・田代

アクションたっぷりに歌う石丸トート。
怪しい感じはほぼなし、真面目な歌唱は相変わらず。
田代くんはスレンダーなのに、あんなに声が出るってすごいな。

「レ・ミゼラブル」より I dreamed a dream  ラミン

ここでいよいよ世界のラミン登場!
場内大喝采。
まさか、ラミンさんの「夢破れても」が聴けるとは。
その声量はさすが、そして何より感情の込め方・抑揚が半端ない。

「ミス・サイゴン」より Last night of the world ラミン・笹本さん


笹本キムもうっとりのラミン・クリスの歌唱。
何を歌ってもラミン・ワールド。
でもって笹本さんもきれいでうまいわ~。

映画「ノッティングヒルの恋人」より She 石丸

ああ、こいう曲が石丸さんには似合うね。
この選曲はなぜ?ご自分がお好きなのかな?
でもやっぱりオケの音にかき消される場面多し。

映画「タイタニック」 My heart will go on 濱田

濱田さんがこういう曲歌うの初めて聴きました。
うまい、やっぱり。
セリーヌ・ディオンよりいい。

映画「アラジン」より A whole new world 全員

なぜかこの曲は日本語訳のほうで。
私は英語のこの曲が好きなので、サビの「おおぞら~♪」にガクッ。


第二部 passionate dream&music 情熱的な夢と音楽

「コーラスライン」より One 全員
「シカゴ」より All I care about 全員

来た~!「コーラスライン」!
なぜか日本語訳バージョン。
これはアサリ訳ではないからか?
で、「シカゴ」からはなぜか、弁護士フリンの曲。

「オペラ座の怪人」より Opera Overture オーケストラ演奏
いよいよ「オペラ座」モード突入。
圧巻のオケ。

「オペラ座の怪人」より Music of the night ラミン
日本に居ながらにしてラミンさんのファントムが聴けるとは・・・
感無量。
素晴らしい高音の伸びに鳥肌。

「ウィキッド」より Defying gravity 濱田
私的、本日のメインイベント。
これを聴くために来た、と言っても過言ではない。
オーケストラ泣かせの難曲、英語バージョンだが、
そのドラマティックな歌唱は相変わらず。
最後の歌い上げも衰えずで、場内大喝采!

「サンセット大通り」より サンセット大通り 田代

さすが声楽出身だ!

「ジキルとハイド」より 時が来た 石丸

さすが違いのわかる男!

「42nd street」より ブロードウェイの子守唄 全員

アンコール

「オペラ座の怪人」より all I ask of you ラミン・濱田
「ラ・カージュ・オ・フォール」より the best of time 全員

アンコールのトリはもうちょっと盛り上がる曲でお願いしたかったです。
とはいえ、なんやかんやとたくさん歌ってくださって、場内の満足度もかなりのものでした。
「オペラ座」色の濃さも私には嬉しい限り。
こういう企画大好き~。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/187-ed9af6f9

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。