スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念!「ツタンカーメン展」

tutan

秋の気配の濃い、快晴の水曜日。
念願の「ツタンカーメン展」に友達を誘って出かけました。
色づき始めた上野の森はなんて気持ちがいいんでしょう。
気合を入れて、朝一番で並び、10時30分入場の整理券をゲット。
しかし、何でしょう?この雰囲気。
やや、主催がフジテレビ?
どうりでお土産屋さんやら、入り口のアテンションVTR、
スタッフのたたずまいも「お台場冒険王」風。
軽い!
中の展示も何やら軽い~。
ツタンカーメン王墓からの出土品は、少ない上に小物ばかり。
黄金のマスクや人型棺が来ないのはわかっていたけれど、
メインがあの小さなカノポス容器1体だけとは・・・。
もちろんこれも第1級の宝物ではあるが、いくらなんでもこれだけだなんて。
勘違いしてました、私。
カノポス棺も来ているくらいに思っていたけど、
よく考えたらあんな大物来るわけないか。
ポスターや看板の拡大されたカノポスのツタンくんやら、
連日の大行列のニュースやら2700円という破格の入場料に、
ついつい浮かれてしまってました。
それにしてもまったく工夫のない展示。
せめてツタン王墓の雰囲気を再現するとか、
ハワード・カーターの苦労と発見時のフィーバーを、
もう少しわかりやすく顕してほしかった。
500円の音声ガイドがないと楽しめないような展示はダメだ!
まあ、ツタンくんの世界に少しでも触れられたと思えば、
慰めにはなるけれど。
本物の出土品ではあるわけだから、
エジプト行かなくても見られたわけだから・・・。
しかし、高いよ!2700円は~。
くう~。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/139-055cb92d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。