「悪の教典」読んでます

  • 2012/09/07 22:21
  • Category:
貴志祐介さんの「悪の教典」読んでます。

こ、こわい。

11月には映画が公開、
主人公蓮見には伊藤英明。
最初、え?と思ったけど、なかなかマッチしているかも。
やっぱり貴志さんは稀代のストーリー・テラーです。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/126-eff55b91

Comment

ジル

ワカさん、こんにちは♪

悪の教典、めちゃめちゃ怖いよー。
でもおもしろいから、あっという間に読めました。
伊藤英明よく引き受けたなあ、っていう感じ。
海猿のイメージ変えるにはもってこいだけど。

西川監督は「ゆれる」しか観ていないのですが、
今しっくり来ませんでした。
鶴瓶のはみてないから、
本質はわかっていないのかも?
どうでしたか?
「夢売るふたり」はみたいな。
評判いいですよね。
仰るとおり「ヘルター・・・」の大森なおのくだりは異質でしたね。
蜷川みかさんの軽さとか色彩感覚は私は苦手みたい。
リリコのマンションの唇の壁とかも古臭く感じました。

「最強のふたり」観ました。
いい作品でした。
  • URL
  • 2012/09/11 20:40

ワカ

こんばんは~

ヒュー・ジャックマン、増上寺で3日間ロケしてたみたい。

今シネコンに行くと「悪の教典」の予告が流れるのですが、原作も怖いんだ!
貴志さんは面白いよね、私も映画観る前に読んでみようかな。
毎度「海猿」は今年のワースト1位候補だけどさ
伊藤英明は一時好きだったから、楽しみかも。

ここ10日くらいはどちらかというとマイナーな
作品を観ていたので大ヒットしてる「最強のふたり」や
「るろうに検心」とかはまだ観てません。
「テイク・ディス・ワルツ」観にヒューマントラスト
有楽町に行ったら「るろうは」レイトも含めて満席だったよ!
「テイク~」はミシェル・ウィリアムズがいろいろさらけ出していてすごかったです(笑
住んでいる家のインテリアが、居心地良さげで印象に残りました。
女流監督は苦手だけど、俳優さんの根性が据わってるから観れるのかも。
「ヘルタースケルター」はエリカさん日本人にしては
頑張ってたし、ジルさんご指摘の窪塚くんや桃井さんは
悪くなかったけど、いかにせん話自体が面白くなかったし変なテンポ、大森検事側のシーンも変だったなあ。
監督としては?
ジルさんは西川美和監督はどうでしたっけ?
「夢売るふたり」もえらく評判いいみたいだし!
今週はファンじゃあないけど「踊る大捜査線」を
まず観ようかと思ってます

  • URL
  • 2012/09/09 20:07
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!