スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに「ル・シネマ」で思ったこと。

  • 2012/06/07 21:52
  • Category: 日常


ウディ・アレンの新作「ミッドナイト・イン・パリ」を観に、
久しぶりに渋谷の「ル・シネマ」に行ってきました。
仕事の後だったので睡魔と闘いつつも、作品自体は堪能。
たくさん見所があって、個人的には満足でした。
感想はまた後日書きたいと思います。

「ル・シネマ」は本当にご無沙汰で、2年ぶりくらいだったのですが、
シネコンに慣れてしまったヘタレな私、
シートの座り心地の悪さに難儀しました~。
隣が近い、首が疲れる、前の間隔が狭い、座面も固い。
こんなに居心地の悪いシアターだったっけ~?!
と、モソモソしながらの鑑賞でした。
それでも端の席を取ったのでまだよかったのかも。
真ん中の席とかトイレに立つこともできないよね。
ここでしか上映しない作品もあるので、キツいです。
観てる作品とか自分の疲れ具合にもよるんでしょうね。
ギョングの「オアシス」を観た時には、
作品に圧倒されて席のことなんか気にならなかったし、
仕事の後でなかったらもうちょっとがんばれたかも。
まあ、1000円の日でもネット予約が出来るようになったことは嬉しいけど。
予告、一番惹かれたのは「クレイジー・ホース・パリ 夜の宝石たち」。
今までにない感じのショウ・ムービーのように感じました。
やっぱり「ル・シネマ」でしか上映しないみたい~。





関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://innbythesea.blog135.fc2.com/tb.php/104-85b4425b

Comment

ジル

takさん、こんばんは~。
そうそう私も好きなのだけは・・・と
同じく時間をやりくりしています。
あと、値段との関係もあるしね~。
「ミッドナイト・・・」ご覧になったのですね~。
なんというか、ウディ先生の憧れがいっぱい詰まってましたね。
オーウェンを自分に置き換えてるところとかも、
憧れなのかな~?と。
もちろん、異性も。
うん、冒頭、私も好きでした。
うっとりしました。
エイドリアン・ブロディのダリには場内笑いでした。
takさんの感想、楽しみです!
  • URL
  • 2012/06/24 22:38

tak

ジルさん、お久しぶりです。なかなか満足に映画館に行けませんが、好きなものだけは、きちんと観ようと時間をやりくりしておりまする。
「ミッドナイト・イン・パリ」観ましたよ。感動を共有してくれる異性ってウディ先生にとっての理想像なんでしょか。冒頭のシーンは「マンハッタン」を思わせて素敵でした。

ジル

ガオさん、こんにちはー。
返事が遅くなり、ごめんなさい!

いやー、久しぶりのミニシアターで、シネコンに慣れてしまった自分に気付き、
年齢か?はたまた疲れか?と悲しくなりました。
でも、悪魔を見た、の時は、同じ仕事終わりだったけど、
大丈夫だったので、やっぱり作品や劇場の具合にもよりますね!
しかし、頭が固定できないシートは辛いっす!
ブログの件、了解しました。
リンク張り替えておきます!
ミッドナイト・ナイト・イン・パリをご覧になったら、
ぜひ教えて下さいませ。
  • URL
  • 2012/06/19 21:31

ガオ

こんばんは。ちょっぴりおひさしぶりです。
『ミッドナイト・イン・パリ』気になりつつも
なかなか観に行けないでおります。
そうなんですよねぇ、観たい映画に限って
椅子がつらいミニシアター系の映画館で
上映していることが多いので
ちょっと難儀しちゃうのあるです。
近所のミニシアターも観たい映画を
やってくれるのはいいのだけれど
体調や面白度にも関係するかもだけれど
どうにもこうにも最後まで観るのが辛いって時もあり・・
真ん中に座ってしまうとトイレにも行きにくいから
端っこに座るようになってしまったり・・
ル・シネマも確かに狭かったかもですね。
観たい映画と観たい環境が同じになるといいのになあ。

それでもって、実は唐突ですが
本館のHPを閉鎖することにしました。
これからは、ブログでだらだらやっていこう思います。
こんなんですが、これからも気長にヨロシクです(ペコリ)
ではでは、また遊びにきますね♪

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。