スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンジュール、アン




名作「リトル・ロマンス」から40年、いくつになってもダイアン・レインはクール。
でもって、大好きなライトなロードムービーです。
「運命の女」で再ブレイクしてから、コンスタントに良作に出演してくれていますが、「理想の恋人.com」とか「最後の初恋」とかプライベート感ただよう役柄が特に好きです。
今回のお相手の男性は、一見ときめきとは程遠い普通の中年男性なんだけど、徐々にフランス男の本領発揮、楽しみ方を心得ていて女性を飽きさせない手練手管の持主。
がっつり恋に落ちるわけでもなく、適度な距離感がずっと続くのがこの作品の良いところ。
カンヌ、プロヴァンス、リヨンとパリに向かうまでの風光明媚なロケーションと美味しいごはんとワイン。
女性の心を鷲掴みにする川辺でのいきなりピクニックも盛り込まれ、ゆるやかな時が流れていきます。
多少の間延び感も唐突感もありますが、疲れた心に響く、人生を楽しもうよのメッセージ。
80歳にして監督デビュー、F・F・コッポラの妻エレノアさんの余裕があちこちにちりばめられた作品です。
スポンサーサイト

おとなの恋の測り方




何も前知識なく観たほうが楽しめるかなと思うのですが、チラシとかでもおわかりの身長差カップルのお話。
舞台はマルセイユ、何もかもがセンスあふれる設い、風景もインテリアもお洋服も。
それだけでも楽しめるのですが、ジャン・デュジャルダン演じるアレクサンドルの魅力が炸裂、完全に虜になってしまいます。
あの笑顔、語り口、立ち居ふるまい、彼だけの持つ色香。
私なら即入籍しますけど、アラフォー女子だといろいろ悩めるよね、ヒロインのディアーヌことヴィルジニー・エフィラも魅力的。
ディアーヌの同僚がアレクサンドルを「かわいい!」と子供のように扱うするのに対して、彼女はアレクサンドルを男として見ているから真剣に悩む、それがわかるからアレクサンドルもディアーヌに愛を捧げるのだと思うのです、リアルです。
実はもっと重いテーマを抱えている作品でもあるのですが、私的にはとにかく本物のパートナーを求めるアレクサンドルの自分を偽らない真摯な姿と、時折見せる切なさに恋してしまいました。
ジャルダンはほんとにええなあ!

6月に観た映画




本当に辛口ばかりで申し訳ないです、個人の感想です。

「ローガン」

X―MENシリーズウォッチャーとしては観ないわけにはいかなかったけど、ほんとはこんなの嫌だ。
ローガンことヒューたまのエイジング、卒業を違和感なくたっぷりの寂寥をもって描いているが、愛するたくさんミュータントたちの扱い、チャールズの末路など私は納得いかないよ。
世代交代、一から仕切り直しなのかもしれないけど、やっぱり納得いかないよ。

「22年目の告白 ―私が殺人犯です」

韓国映画「殺人の告白」のリメイク。
プロットはとても好きで日本版が楽しめたので、後からオリジナルも観て、唸りました。
すげーな韓国。
サスペンス度が、アクションが、キャストの力が違いすぎる。
圧巻の映画力。
刑事役チョン・ジョエンか!って感動したり、は置いといて。
犯人像、ラストの扱いはどっちが好きかは分かれるところだと思います。
私も日本版の構成とオチは悪くないと思います。
意外性があるし、猟奇性際立つし、真犯人の心の闇わかりやすい。
ただ本当にキャストが残念だし、スケール感がまったく。
肝心のカミングアウトも薄くて残念なんだ。
これが日本の映画なんだよ~、と言われればそれまでですが。

「TAP the Last show」

水谷豊監督主演のタップダンス映画。
タップの映画は大好きなグレゴリー・ハインズの一連の作品をイメージしてしまって観るしかないんです。
オーディションの持久戦タップ、ラストの清水夏生さんのタップはワクワクするシークエンス。
とはいえ、映画そのものは1980年代に横行していたチープな邦画の再現、とことん昭和。
ここまでレトロな映画ってある意味、別の次元の力を感じさせてくれます。
水谷豊様ってすごいんだな。

「ジーサンズ はじめての強盗」

マイケル・ケイン84歳、モーガン・フリーマン80歳、アラン・アーキン83歳。
恐るべきオーバー80の演技と存在感。
それを確認できただけでも意味のある作品。
本当にすごい3人、大好きだ。
突っ込みどころありすぎてもはやファンタジーに近いんだけど、そこはもう3人ありきで。
私が一番驚いたのは、アン・マーグレット。
誰?このマダムは。
全然わからなかったけど、エンドクレジットで判明。
お直しがすぎて別人になってしまってたけど、大好きなアン・マーグレット。
ああ、現役なんだ、と嬉しい気持ちに。
「バイ・バイ バーディー」と「TOMMY」をまた観たくなった。

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。