ミラクル・ニール!



久々に笑える映画で大満足。

ナンセンスでありえないけど!

サイモン・ペッグは好感の持てるおバカもできるスター。

大好きです~。
スポンサーサイト

ルーム、砂上の法廷、インサイダーズ、リザとキツネと恋する死者たち




最近観た映画、どれも個人的にヒット!
嬉しい。

今日観たのは「ルーム」
これは凄かった!
ずっと泣きっぱなし。
拉致監禁された女性と、その状況下で生まれた子供の物語。
すごいリアリティとサスペンスフルな展開、驚嘆すべきキャストの演技力。
打ちのめされた。
特に子役のジェイコブくんに脱帽。
彼は本当スペシャルだ。

「砂上の法廷」
久々の法廷もの。
キアヌの弁護士役というサプライズにも負けないレネ・ゼルヴィガーの変貌ぶりに目が点!
やせた&やつれた、でもやっぱカメレオンでうまいことは否めない。
いろいろ穴はあるものの、法廷ものは大好き。
「情婦」から始まって、「推定無罪」「告発」「評決」「ペリカン文書」...
グリシャム、トゥロー原作作品、懐かしい!
あの時代を思い出して嬉しくなったベタな作品。

「インサーダーズ/内部者たち」
韓国映画の醍醐味をギュッと凝縮。
チンピラ役をもクールに演じきるビョンホンの気概もいいし、チョ・スンウの確実さも素晴らしいが、やっぱりペク・ユンシクの圧倒的な現実感が残る。
韓国の、いや世界にもいまだ蔓延るであろう権力の闇に唸らされる。

「リザとキツネと恋する死者たち」
1970年代のハンガリー、日本人の奥様の看護人リザ30歳は、彼女にしか見えない日本人歌手「トミー谷」に憧れながらも真に愛する男性を求める毎日。
ところがリザが心寄せる男性が次から次へと謎の死をとげる・・・
私も一緒に見た友達もトミー谷ことデヴィット・サクライに心奪われる。
明らかにトニー谷をモデルにしたと思われるトミーが素敵でした。
あと、レトロ感。
そして不思議な昔のハンガリーの世界観とヘンテコ日本描写、いろいろと懐かしい感じ。
こういう作品を10年前くらいまではかなり観ていたなあ。
「クリビアにおまかせ」とか「エヴァとステファンと素敵な仲間 」とか。
そんなパッションを思い起こした東欧映画。
世界は映画で満ち溢れてる、いつだって。

まさかの大雪、ニューヨークでホテルにこもるの巻。

  • 2016/04/03 21:08
  • Category:


昨日の「スクール・オブ・ロック」の興奮も醒めぬ内に夜半から雪が・・・。
思い切り吹雪いて積もってニューヨークは戒厳令。
地下鉄も止まりました。
朝はホテル内のスタバですませ、買い出しに。
お菓子、ビバレッジ、ビールなどを買い込み、部屋でテレビ。
タイムズスクエアではたくさんの人が記念撮影真っ最中だとか。
健康体で帰りたいので自粛しました。
アル・パチーノの舞台も今日は中止、
チケット明日でよかった~!

12573775_677718205699895_4062830543717502221_n.jpg

ブロードウェイでミュージカル「スクール・オブ・ロック」



ニューヨーク2日目は、この旅最大のミッション、ミュージカル「スクール・オブ・ロック」!
2003年公開の名作コメディ映画をあのアンドリュー・ロイド・ウェバーが甦らせる‥‥
映画を激愛しており、ウェバー御大を神と讃えるがゆえに、この真冬の渡米を決めたのでございます。
でもっていよいよその日がやってきた〜!

12509472_677708132367569_4677626045713223617_n.jpg

主演のアレックス・ブライトマンはジャック・ブラックに歌もアクションもそっくり、大熱演だ。
老いも若きも爆笑に次ぐ爆笑。
ストーリーは細かい所が少し変わっているし、映画で使われていたAC/DCなどのロックの名曲たちは、EDGE OF SEVENTEEN以外は使われておらず、ちょっと淋しかったりも。
でもでも、キッズたちの生演奏と熱唱の迫力は舞台ならでは。
クライマックスのコンテストでの「SCHOOL OF ROCK」は涙で曇って前が見えましぇんでした‥‥
やっぱりこの曲、ギターイントロだけで鳥肌実、盛り上がります。
もちろんオール・スタンディング・オベーション。
映画版の肝であるジャック・ブラックの存在感を大いに残し、キッズたちの素晴らしい生演奏を目玉に、ウェバーが自分の音楽を添えてマイルドでポピュラーな作品に仕上げてあります。
ロックテイストが控えめになっていることが、やはり映画版のファンには物足りないのですが、オン・ブロードウェイでロングランさせるためには必要な改編なのかもしれません。
しかーし、最後はLONG WAY TO THE TOP で締めて欲しかったなー。

12509697_677708162367566_3074008341510348643_n.jpg

初めてのニューヨーク!

  • 2016/04/01 20:41
  • Category:


もう桜の季節ですが、1月の終わりにニューヨークに行ってきました。
もちろん、映画ファンミュージカルファンの聖地ですが、
あえて極寒のニューヨークに行こうと決めたのは、
大好きな映画「スクール・オブ・ロック」のミュージカル版を観るため~。
観劇の記録はこの後書こうと思いますが、
まずは憧れのニューヨークに初上陸の感想を。
飛行機を降りてから、日本で予約してあった送迎付き観光プランで、
ブルックリン方面を車で回りました。
時差でもうろうとする中、遠くから自由の女神。
寒いですが今日は晴れてるニューヨーク、
お台場じゃないよ。
ホテルにチェックイン後ブロードウェイへ。
今、ブロードウェイウィークの真っ最中で、2for1、半額でチケット買える祭り中。
生アル・パチーノの舞台ゲットしたとです!

1915372_677056165766099_5906881968626167887_n.jpg

公演は二日後!

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!