スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロル




キャロル

デパートに勤めるごく普通の女の子テレーズと、お金持ちの奥様だが離婚調停中のキャロルとの、同性同士の恋を描いた作品。
キャロルを演じたケイト・ブランシェットがとにかくゴージャス。
前作「ブルー・ジャスミン」と被る部分もあるが、今回のケイト様は美しいだけではなく男前でクールで周到。
ぐいぐいテレーズを誘惑。うぶなテレーズは、戸惑いながらもその魅力に抗えず。
確かにあんな素敵な人が自分に近づいてきたら、恋愛感情云々の前にとにかく友達になりたい、と思う。
お宅にもお邪魔したいし、一緒に旅行にも行きたい。
私もテレーズと一緒にキャロル様に恋したい!と切に望んだが‥‥ダメでした。
テレーズの気持ちに乗れなかった。
残念!
1950年代当時、タブーとされた状況の中ではあるが、心沸き立つような恋のウキウキも掴み取れなかったなあ。
誰にも感情を重ね合わせられず。
残念!
テレーズにはおそらく「資質」があったんだろうと思う。
人形より鉄道模型が好き、とかカメラ好きとか、後に語られますが、一瞬にしてそれを見抜いたキャロル様、さすが。
狙った獲物は逃さない的な熱い視線がまたまた男前。
画面は色鮮やかな魅力に溢れ、曇りガラス越しの横顔、冬のニューヨーク、二人のお洋服や持ち道具、何から何までため息のでる美しさ。
「エデンより彼方に」に続き、監督の 美意識のクオリティには圧倒される。
そしてラスト、鳥肌ものの二人の演技とカメラワーク、あれは思い出すたびに ゾクゾクします。
そこだけまた観たい。

2016-⑤

★★★
スポンサーサイト

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります



ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

モーガン・フリーマンがただ黙って佇んでいるだけで、いろんな事を語りかけられているように思えるのは何故。
彼と愛犬の散歩姿から始まる物語、のっけから静かに心掴まれる。
その妻はダイアン・キートン。
何とも意外な組み合わせだった。
なのにしっくり生活を共にしている感がある。
さすがな2人。
エレベータなしの5階の部屋を売り、快適に過ごせる終の棲家を手に入れようとする老夫婦の数日間の物語。
老い、夫婦愛、子供、人種、家族のようなペット、思い出、生きていくということ、様々な人生のカテゴリーが2時間の中に詰め込まれていた。
決してお金持ちではない夫婦なのだが、彼らの日常を通してニューヨークの中心部に住むことの特別感も味わえる。
エステートの法外な相場も含めて。
またもや、ダイアン・キートンのその年齢に見合った抜群のファッションセンスにうっとりさせられる。
どうしたってあんな風に歳を重ねたいと思う、女性なら。

2016-④ ★★★☆

残穢  〜住んではいけない部屋




残穢  〜住んではいけない部屋

和室から畳を箒で掃くような音がするんです‥‥
そんな読者の手紙から、あるマンションの歴史を探ることになったオカルト作家の「私」。
調査していく内に徐々に見えてくる過去の繋がり。
「私」を演じる竹内結子ちゃんも久保さんを演じる橋本愛ちゃんも自然にうまくて、観ていてストレス感じません。
呪いの連鎖、住む人が運んでくる穢(けが)れ。
こんな現象があるのかー、と驚くも、繋がりが遠すぎてピンと来ない。
久保さんのマンションの音の正体、前住人の末路など、ちょいちょい怖いんだけど、決定的な戦慄がないのです。
途中で眠くなった頃に、佐々木蔵之介投入、続いて坂口健太郎まで。
こういう淡々としたドライなホラーも嫌いじゃないんです。
雰囲気は大好きです。
脈々と漂い続ける怨念て、映像で表現するの難しいんだなと思います。
話しても呪われる、聞いても呪われる。
最後にそのくだりが来ますが、何でこの人が?って感じです。
山本周五郎賞受賞の原作、夜一人で読めないという評判ですから、そちらに期待。

2016③★★★

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。