2015年 劇場公開映画 ベスト10



今年の映画まとめ。
私的2015年心に残ったベスト10。
作品の出来に関わらず、ガツンと来たものだけをチョイス。
長くなります!
① アクトレス 女たちの舞台
ジュリエット、クリスティン、クロエ、時代を彩る女優3人の競演てだけでも眩しすぎるのに、それぞれの持ち味をフルに活かした演技合戦が凄かった。
加えて、ロケ地や舞台も、映画好き・旅好きにはたまらない。
見応えありすぎてクタクタに。
② セッション
後半の怒涛の展開と、クライマックスのステージに、手に汗握り大興奮。
面白すぎて2回観た。
テラーくん、J.K.シモンズ、最高!
③ 海にかかる霧
韓国映画はこうじゃないと!
人間の性、時代感、背景、リアリティありすぎて尋常じゃない。
切なくて怖くて面白い。
④ Mammy マミー
粗さを感じながらも、どんどんその世界観の虜に。
今でもスティーヴを思い出すと胸が締めつけられる。

movie3.jpg

⑤ M:I ローグ・ネイション
近年稀にみる完璧なアクション映画。
どのシークエンスを切り取ってもワクワクできて、なおかつ上品でクラシカルな仕上がり。
どんどんトムが好きになる。
大人なヒロイン、イルサにも萌え。
⑥ おみおくりの作法
真面目に慎ましく日々を送る男が見つけたささやかなミッション。
淡々と進む物語の中、彼がくれる優しさで胸が熱くなる。
ラストであんなに泣いたのはいつ以来だろう。
⑦ さよなら歌舞伎町
よくあるエピソードも、長くていらないシーンもいっぱいあるのに、忘れられない。
染谷くんはじめ役者がとにかくよかった。
日本映画の良さってこのチープさなんだろうなと思う。
もう一回観ろ、って言われると嫌だけど。
⑧ Dearダニー 君へのうた
とにかくアル・パチーノ。
いくつになってもアル・パチーノ。
素敵です。
加えて、ジョン・レノン、ショウビズとくれば、良くないわけがありません。
その他のキャストも魅力的。
⑨ 彼女と博士のセオリー
エディくんの演技も素晴らしかったのですが、綺麗事では済まされない夫婦の関係や変化を、上品に知的に描いてくれていて、人間ホーキング博士の魅力に素直に感動。
⑩ 黄金のアデーレ 名画の帰還
あの名画にまつわる歴史をこんな切り口で見せてもらえるなんて。
波乱に満ちた展開は想像以上。
現在と過去のバランス配分も絶妙。
ラストが好きです。

movie2.jpg

そして今年最もテンション上がった、フェス的2本。
「愛と哀しみのボレロ デジタル・リマスター版」
不世出の舞踏家ジョルジュ・ドンの神の舞に泣きました。
3時間、刮目し続けたので疲労困憊。
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」
新作をありがとう!
それだけです。
BB8、かわいすぎる。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!