⑯ 博士と彼女のセオリー




博士と彼女のセオリー

あまりにも有名な物理学者、ホーキング博士とそのパートナー、ジェーンの半生。
もちろんその存在こそは知っていたけれど、ほとんど二人について詳細は何も知らなかったので、本当に驚きの連続だった。博士の余命宣告のことも、結婚のことも、子供のことも、現在の二人のことも。
私のように何も知らない人に、ぜひこの映画の二人のことを知ってほしい。
私には彼らの生き方がとても瑞々しく輝いて映った。
画面でみる以上に大変な日常だったこと容易に想像できるが、二人は恋をし、悩み、傷つき、本物の人生を今も生きている。
難病に侵され、話すこともままならなくなった博士が、講演会場で聴講生の落としたボールペンを拾うことを想像しているシーンがある。
これは私の大好きな韓国映画「オアシス」でも脳性麻痺のヒロインを描くときに使われた演出で、本当に私はこういうシークエンスに弱い。
ただ、それまでにかなりの涙を消費してしまっていたので、それほどここで泣くことはなかったのだが。
本作でアカデミー主演男優賞を受賞したエディ・レドメイン演じる、普通に生活をしていた頃のホーキンス博士が本当に素敵。
理論式を黒板に無心で書き続ける姿の美しさに打たれた。
もちろん、その後の車椅子の彼もチャーミング。
ジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズの芯の通った聡明なキャラクターも素晴らしい。
working titleの作品は監督が違っても、テイスト同じに感じるのはなぜだろう。
イギリスの風土と文化と緑が色濃く感じられるのも今作に魅力を感じた一因。

★★★★

2015年⑯
スポンサーサイト

⑮ シェフ!三ツ星フードトラック始めました




シェフ!三ツ星フードトラック始めました

料理、人生、再起、親子愛、SNS事情、旅、音楽、
たくさんの魅力的な要素がぎっしり詰まった愛すべき作品。
監督としての認識のほうが強かったジョン・ファブローが主演。
彼演じる一流シェフ・カールが失職する前半が少し長いなと感じたものの、ダスティン・ホフマン、スカーレット・ヨハンセンなど豪華なキャストにより、退屈感は半減。
カールの見事な料理にもときめく。
後半、マイアミに舞台を移してからは、ぐんぐん面白くなる。
最初は男性としてほとんど魅力を感じなかったカールなのに、新しい目標を得て輝きだしてからは素敵に見えてくるから不思議。
ジョン・レグイザモ演じる相棒マーティンがまたいいやつで嬉しくなる。
トラックでキューバンサンドを販売しながらの旅の開放感、充実感、テンポのよさにこちらもハッピーモード。
ラストの息子パーシーの1秒動画~電話のシークエンスは、カールに大切な存在を再認識させるだけでなく、私たちにもこの映画の楽しさをリプライズしてくれる効果的な演出!素晴らしい。
マイアミ、行きたいなあ。
ワンシーンしか出てないけど、ロバート・ダウニー・JR、さすがのキャラクター作り!

★★★☆
2015年⑮

⑬ イントゥ・ザ・ウッズ



イントゥ・ザ・ウッズ

シンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木‥‥おなじみの童話の主人公たちが、同じ森で出会ったら。
ブロードウェイミュージカルの映画化なので、ほぼ全編歌いっぱなし。
メリル・ストリープをはじめとした、芸達者なキャストばかり、ダークな世界観も好みでつかみはOK!半分まではほんとに楽しめました。
展開も早いし、知ってるお話がベースだから入り込めるし、みんな歌うまいし。
特に二人の王子がナルシズム全開で競り歌うシーンは最高。
ここだけ何回も観たい。
クリス・パイン、やるよねー。
ところが、ハッピーエンド後の崩壊していく森、からがほんとつまらなくて。
暗いだけでときめかない。
原作ミュージカルあるから仕方ないけど、もう少し違う見せ方があったかな、と。
不条理ミュージカルは嫌いじゃないんだけど、とにかく後半は退屈しちゃったな。
ワンシーンだけ登場のデップの狼はさすがの仕上がり。
「レ・ミゼラブル」でガブローシュ演ってたダニエル・ハトルストーンくんがジャック役で出ずっぱり、かわいいし華があって、これからの活躍に期待!

★★☆

2015⑬

⑭ アメリカン・スナイパー




アメリカン・スナイパー

クリント・イーストウッドは、どうしてこんな作品を次から次へと撮り続けられるんだろう。
まったく無駄な部分がなく、説明的でもない、ドラマティックな演出など微塵もしていない。
流れるように自然な展開と、淡々とした描写の中で、手に汗握り心揺さぶられ、深い余韻を持ち帰ることになる。
「チェンジリング」「グラン・トリノ」でも同じ感覚を味わったのだが、
今作は映画撮影中に起きた事件のため、また別の種類の感慨を味合わなければならない。
アメリカ軍の凄腕狙撃手クリス・カイルの自伝がベース。
戦場でのシーンは、すべてが恐ろしいまでの緊迫感に満ちていた。
でも心に残るのは、任務真っ只中に、家に帰りたいと泣き、帰還してもなお心が戦地から離れず、何も映っていないテレビを凝視する彼の姿。
ブラッドリー・クーパーは、強烈な戦闘シーンに負けず、存在感を残した。
あの事件が起こっていなければ、一体どんな風に物語の結末は描かれたのか、思いをめぐらせずにはいられない。

★★★☆

2015⑭

⑪ フィフティ・シェイズ・オブ・ グレイ 




フィフティ・シェイズ・オブ・ グレイ 

もっとすごい世界なのかなー!と、
ちょっと期待していたのですが、
意外とソフトで逆にびっくり。
世界的ベストセラー小説の映画化とのことだけれど、ほとんど何も知らずに観ていて、
超ハンサム大企業ヤングCEOが、純な貧乏女子大生を口説き落とす過程、
プレゼントにヘリにサブライズ登場と、ときめき要素てんこ盛りで、飽きません!笑

例によって長くてバレるかもなので、
これから先はご注意。

なんだか展開が遅いなあ、どう収束するのかな、と途中から心配になったりしたけれど、だんだんシステムがわかってきて納得。
これって、「トワイライト」的サーガだったんだ。
今回は単なる導入部なんだね。
アナがクリスチャンと契約したり、もっと悩んで深みにはまり、あっちの世界に行くのか、またはクリスチャンがアナの方に歩み寄るのか‥‥
すべてはこれから。
で、プレイのほうも控えめに、なのか。
美人女子大生でも何でもないけど、自分だったら?と考えてしまうと‥‥
やっぱり悩むよね!
痛いの嫌だし!
でも彼はあんな魅力的だしー。
「トワイライト」のヴェラみたいに盲目的でないのがいいね、アナは。
ドン・ジョンソンのご令嬢とのことだけど、微妙なボディラインとか脱ぎっぷりとかもいい。
クリスチャンはとても端正で素敵だけど今ひとつセクシーさとか愁いに欠ける。
なので、「トワイライト」の時ほどはまれない気はするけど、次も観ます!
ミセス・ロビンソンのキャストも気になるし、赤いお部屋のお道具もまだまだ使われてないしねー。

★★★

2015⑪

⑩ ANNIE アニー




ANNIE アニー

舞台も以前の映画も観ていないので、
新鮮な気持ちで鑑賞。
とてもチャーミングで軽やかで、
大好きな作品に!
開放感溢れるロケーションが今も蘇ってきてワクワク気分。
ミュージカル感は控えめだけれど、そこがまた爽やかさにつながったのかも。
主演のクワベンジャネちゃんの魅力的なこと。
明るくて知的で前向き、それだけでない何か不思議な生命力を感じさせる存在。
演じているのではなく、彼女自身から溢れ出るもの。
逸材!
とはいうものの、アニーの境遇はのっけから私の涙を誘い、'tomorrow'でもうハンカチ握りしめる。
ベタなお話の展開は気にせず、
ワンシーンごとを楽しむ。
'Opportunity'は今思い出しても心震えるシークエンス。
アニーとスタックスの気持ちが通じ合う瞬間を見事に描いた珠玉のシーンだ。
撮影がまた素晴らしいの。
youtubeで何回も繰り返しみてます。
もちろん、ジェイミー・フォックスはうまいしキュート。
ローズ・バーンもちょうどいい美しさと優しさで素敵。
キャメロン・ディアスはやっぱりちゃーんと作り上げていて、まったく違和感なくライトなbitchをモノにしていて楽しかった。
彼女の出番は画面が盛り上がるのね。
クワベンジャネちゃんあってのこの作品だとは思うけど、絶妙なバランスのキャストと、ニューヨーク!
観てよかった!

★★★★☆

2015⑩

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!