スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 大晦日!

  • 2014/12/31 12:35
  • Category: 日常


帰省中の車窓から。
はあああ、美しい!
拝みながら、なんちゃって般若心経まで唱えるしまつ。
来年もがんばれそう!
スポンサーサイト

CAZE uzumaki@三軒茶屋




仕事納め!
三茶の大好きなダイニングで、
同僚 友人と。
気遣いと美味しいと心地よさと、
加えてスタッフ全員素敵なお店!

35 真夜中の五分前



生・三浦春馬くんを見たことがあります。
美しいお顔、モデルのような体型バランス、ラフなのにギリシャ彫刻のような佇まいで、友人ともどもフニャラララー‥‥
大ファンと化しました。
そんな春馬くんが主演の今作‥‥

私、中国語の響き大好きだし、
久々に中国が舞台の映画を観るので楽しみにしていたんだけど、
やっぱりこの監督とは相性悪いわ!
た、退屈!
そもそもなんで場所ここにしたんだろ?
原作日本なのに。
上海の美しい街並みは目の保養になったし、ひとり双子のCGの技術には感嘆するけど
(途中までほんとに双子かと思ってた)、ただそれだけ。
あと春馬くんの中国語も素晴らしいー。
今時、このテーマ?とも思うけど、
評価の高い原作がベースとのことだし、
ミステリとしての核心もなんとなくわかるんだけと、
なんなんだ、このもったいぶった画面づくりは。
もしかしてだけど、まさかとは思うけど、ウォン・カーウァイとか意識してる?
それは置いといても、演出次第でもっとずっと面白くできるはずなのになー。
無理やり、中国映画のテイスト入れ込もうとするあたりもチープ。
少し綺麗なだけの雰囲気的女優にもこれっぽっちも魅力感じず。
春馬もまったく活かされてないし。
ここまで言ってみたものの、
私の感じた居心地悪さ、合ってるかどうか、誰か観て感想教えてくだサイ!

凉子たん、始動!



来たー!
凉子センセーのnew work!
楽しみが増えたよ‥‥(TдT)
なんとジャンヌ・ダルクです!

MONDE BAR !




昨日は、マンマ・ミーア観劇の後、
浮かれて「MOND BAR」へ。
大好きなマティーニを。
う、美しい!おかわり!
カクテルは撮影が難しい‥‥
こちらは生ビールも相当美味しいので、
当然ぐでんぐでんに。
お料理も美味しかったっす!

マンマ・ミーア!




年末に向けて、このミュージカルでテンション、max!
智恵さんのドナは神!
泣いてしまった。
君の声、聴こえてくる、SOS!

34 デビルズ・ノット



アトム・エゴヤン監督が20年前にアーカンソー州で起こった実際の殺人事件を映画化。
当時かなり話題となった冤罪かも事件とのこと。
エゴヤン✕コリン・ファース(大好きな!)なので、期待しすぎた‥‥
というわけでもないんだけど、
エゴヤンぽくないわけでもないんだけど‥‥
なんだかとても消化不良!
事件のことはよくわかった。
でもなぜ今これをエゴヤン?
デビルズ・ノットという場所が彼を呼んだのかしら?
被害者の母親役にリーズ・ウィザースプーン。
アメリカの田舎の働くお母さん的堂々とした体格に、
役作り、すごいなあ!と感心したが、当時妊娠していたらしい。
それをのぞいても、彼女はうまい役者さんだと思った。
コリン、残念ながらあまり印象に残らず。
真犯人、結局、あの人たちなの?!
誰か暴いてくれないかなー‥‥

満足度 ★★★

33 ゴーン・ガール



ああ、面白かった・・・
私は本当にこういう映画が好きなので、無条件に。
ぜひ何も前知識なくみていただきたいのですが、
語りたいのですごく下にちょっとだけ書きます。
結末ずばりではないけど、少しだけ予想できちゃうかもです。

32 インターステラー



私の見たかった宇宙がそこに!
やっぱりクリストファー・ノーラン、
深淵!壮大!難解!でも感動!
最初は、シャラマン系?なんて思ったのも 束の間、
クーパーたちが飛び立ってからの、
怒濤の宇宙探査篇はすごかった!
水の惑星の造形と危機、
時間の経過、 残されたロミリー乗務員の孤独、
なんだかもう心鷲掴まれ。
さらに氷の惑星!
マン博士の目覚めの瞬間には鳥肌。
そして、そうくるかー、マット!
どんどん隔たる地球との時間差‥‥
切ない!
CGっぽくないシックな宇宙造形がたまらない!
その後のクーパーの決断に涙。
それだけではまだ足りないと、五次元ポケット出現。
さっぱり原理はわからないけど、
とにかく切ないー。
めくるめく感動ポイントの嵐。
確かに難解なシークエンスも多々あるけれ ど、
それを補って余りある、広くて深い創造の世界。
ラストのアメリアの姿が今も心に残る。
すごすぎる、ノーランワールド。
全編出ずっぱりのマコノヒーたん、 この人だったからこの骨太感、さすがで す。
キュートなtars大好き。

満足度 ★★★★

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。