スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年2度目の雪

  • 2013/01/29 00:05
  • Category: 日常
130128


突然の朝の雪、びっくりしましたね。
まさか本当に降るとは~。
出かけるときにはもう青空が見えていてほっとしました。
今日は仕事をお休みして用事で外出しなければいけなかったのですが、
バスも電車も異常に混んでました、疲れた~。

週末に「ルーパー/LOOPER」を観ました。
思っていたのと全然違うテイストの作品でした。
釈然としないところも多々あったのですが、
こういう考えなければいけない映画は好きです。
その後に話も盛り上がるしね~。
頑張って感想書きたいです。
子役の男の子がすごかったなあ。
やっぱりハリウッドの子役は違うなあ。



スポンサーサイト

96時間 リベンジ  ①

96


「96時間」同様、リーアム・ニーソン(60歳)演じるブライアンがただただ強い。
前回誘拐されたのは彼の溺愛するおバカ娘キム、
今回はヨリの戻りそうな元嫁レノーアが行きがかり上ターゲットに。
私の大好きなファムケ・ヤンセン、久しぶりにスクリーンで見ました。
いい感じに年を重ねて、まだまだいけてる47歳。
「96時間」で娘を救うために殺した悪党たちにも家族がいて、
その家族たちが仇を討つためにブライアンを狙う・・・
何ともシンプルなストーリーなので、
余計なことを考えずに純粋にスリルに身を任せられる。
だからこのシリーズ好き。

続きは下のcontinuからどうぞ。


映画「コドモ警察」情報!




今日こそは絶対に映画に行こうと、固い決意で出かける。
おお、映画「コドモ警察」の公開が決まったみたい!
嬉しい~。
ぼやぼやしてたらみんな大きくなっちゃうもんね。
スピンオフ「コドモ警視」も始まります。


映画のほうは「96時間 リベンジ」観ました。
本当は「ルーパー」か「TED」観たかったんだけど、
1000円デイだったのでどちらも売り切れだったのです。
わかってはいたんだけど、リーアム・ニーソンが凄いだけで、
何も残らない「96時間」シリーズ。
また続編、ありそう~。

2013年1月からのドラマ!

  • 2013/01/19 21:07
  • Category: TV
2013_01_17_11_35_44[1]


忙しい1週間でした。
溶けない雪にビクビクしながらの出社。
新しい仕事へのストレス、皮膚科、歯科通い。
きわめつけ、木曜日の田園都市線の人身事故で、
帰りが12時過ぎに!
金曜日には心身ともにふらふらだったとです。
まあ、そういうこともあるよね~。

さて~、今クールのドラマ、なかなか面白い!
とりあえず私の観ているラインナップは・・・

月曜 

『ビブリア古書堂の事件手帖』

本好きには興味深い設定。
原作読んでいないけど、AKIRAって絶対に合わないんじゃないか?
でもさほど違和感なかったのはなぜだろう。
そして剛力さんはかわいい、意外と演技もいけてる。
鎌倉が舞台ということもあり、
とりまくクラシカルな雰囲気が美しい。

火曜

『LAST HOPE(ラストホープ)』

思っていたのと全然違うタイプの医療ドラマ。
相葉ちゃん、多部ちゃん、小池さんといったキャストに、
めっちゃリアルな医学用語をペラペラしゃべらせる意外性。
主要キャストにそれぞれ過去がありそうなのがワクワク。
期待していなかった分面白かったです。

『サキ』

仲間さんワールド全開、ってかそれよりも、
この間のドラマの時より、仲間さんが四角くなってるのが気になる~!
先週のラストの、萩原聖人の演じる弁護士の想い人、
「ユウキ」の正体に軽くやられました~。
毎回、明日はワインを飲みながらお肉を食べよう!と思う。

『いつか陽のあたる場所で』

ベタな設定ながらも、まじめなドラマなのでなんか見てしまいました。
飯島直子さんの胸の位置が気になって仕方なかったな。

『書店員ミチルの身の上話』

原作面白かったし、割と忠実に作られているけど、
ミチルのキャラは違うなあ。
これからの展開に期待。

木曜


『最高の離婚』

リアルなセリフの脚本が好き。

『おとめさん』

見たかったけど、うっかり見逃す。
次回は見ます。

金曜

『夜行観覧車』

来た~、湊かなえ原作。
いきなしの石田ゆり子の狂乱に期待!
嫌な町だね、ひばりが丘。
鈴木京香の老けが気になります。

土曜

『泣くな、はらちゃん』

いや~、笑った。
まんがの中のキャラたちが秀逸。
賀来賢人くんは芝居がうまくなってるし!
おもしろファンタジーだけど、心に響くセリフ多し。
白石加代子、薬師丸ひろ子、光石研らベテランがいい。

『カラマーゾフの兄弟』

原作の持つ退廃的な雰囲気漂う仕上がりで、
「サキ」「夜行観覧車」同様毎回番楽しみです。
やはり鎌倉が舞台のよう。
それぞれに個性の違う3兄弟のキャスティングもよかった。
特にインテリの次男をやんちゃなイメージの市原くんが演じているのがいい。
彼はこういうクールな役のほうが似合う。
感情を抑えてる時の表情が好き。
安藤サクラ以外の女優陣が弱すぎる。

日曜

『八重の桜』

脇を固める俳優陣がいいね~。
そりゃ、綾瀬さんも輝くでしょう。
キャストがいいのだから、お話しだいだよね。
頑張ってほしいです。

あとは、『相棒』と朝ドラ、『おしん』も見てます。
ドラマが面白いと家に帰るのが楽しみになるよね~。



雪の休日

  • 2013/01/14 14:54
  • Category: 日常
20130114


目が覚めたらもうかなり積もっていました。
横なぐりの雪。
今日は映画1000円の上映館に「96時間 リベンジ」を
観に行く予定でしたが残念ながら取りやめ。
一日家にこもることとなりました。
テレビ観て昼寝して、グダグダな一日でしたが、
仕事の日でなくてよかったかもしれません。
明日の朝の凍結が心配!




冬の日常

  • 2013/01/12 22:31
  • Category: 日常
130113


お正月飾りもしまい、鏡開きもして、
落ち着いたいつもの冬の日々が戻ってきました。
昨年末から右の目の下にアレルギー性の赤みが出ていたり、
軽い虫歯の兆候を感じていたりで、
来週から病院通いになりそうで、ちょっと気が滅入っています。
少々寒くても晴れた関東の冬はとても過ごしやすい。
むしろ暑くてじめじめした夏よりも好きかもしれません。
とはいうものの空気の乾燥は半端ないので、
風邪だけは引かないように気をつけなくては。
マスク、マスク~。

今BSで再放送中の「おしん」を録画してまとめて観ています。
放送当時は朝ドラを見る習慣がなく、
それ以降の再放送も機会がなくて初「おしん」。
最初は小林綾子嬢とか出てこなくて、回想でおしんの人生が描かれるんですね。
泉ピン子さんとか若くてびっくり!
毎回涙ぐんでしまうシーンがあって困ります。

新ドラマ「最高の離婚」も観ました。
どうもセリフ回しとかに覚えがあるなあ、と思ったら、
「それでも、生きていく」の坂元裕二さんの脚本でした。
瑛太と小野真千子さんカップルの違和感とかが、
展開とマッチして面白かった。
二人の暮らしぶりもリアルな感じ。
でも腰痛はあんなにすぐには治らないと思うけど。
今日から「高校入試」枠で始まった「カラマーゾフの兄弟」も楽しみです!




スポンジワイプ

130108


友達にいただいた、ムーミンのスポンジワイプ。
かわい過ぎてずっと飾っておいたのですが、
いよいよおろします。
スポンジワイプ、自分じゃあまり買えないけど、
いただけるとすごく嬉しいものです。

「サキ」に続いて、11時台のNHKのドラマ、
書店員ミチルの身の上話」・・・
佐藤正午さんの小説が原作で以前に読んだのですが、
これ面白かったんですよね~。
平凡な書店員ミチル、頼まれて買った宝くじが2億円の当たりくじだった・・・
そこから転がり始める彼女とその周囲の人間の人生。
絶対に映像化されると思っていたのですが、
主演・戸田恵理香か~。
ちょ~っとミチルにはかわいすぎるかな。
文庫本にもなったようです、おすすめ。




春の七草

130107

久しぶりに七草粥を作りました。
スーパーで購入したセットですが、
並べてみるとなんともかわいいたたずまい。
cookpadのレシピでル・クルーゼでお米から炊いてみたら、
びっくりするほど美味しくできました。
さばの味噌煮と一緒にいただきました。
ビバ、cookpad!

明日の夜10時からの新ドラマ「サキ」は、
なんとあの「美しい隣人」で仲間由紀恵さんの演じたサキの物語。
「美しい隣人」のスタッフが再結集しての製作だとか。
私の降りる駅にも大きな宣伝ポスターが貼ってあって、
気になっていたのですが、まさかあのサキさんだったとは~。
「美しい隣人」大好きだったので、めちゃめちゃ楽しみです。




市原悦子さんの「日本眠いい昔ばなし」

  • 2013/01/06 21:49
  • Category: TV
いよいよ明日から本格的に出勤ですね。
電車、混むのかな?
早めに出ないといけませんね。
なんて考えてるとちょっとナーバス。
何も考えずに飲んで食べていたお休み、幸せでした。

昨日の夜中に偶然観ることができた、
敬愛する市原悦子さんが出演・朗読されている、
日本眠いい昔ばなし」・・・
悦ちゃんの国宝級の語りがこのサイトでも聞けます。
かわいいお顔も拝見できて本当に嬉しい。
病気のために「東京家族」を降板されたことが本当に残念です。
大好き、悦ちゃん。
ファンクラブ、入りたいくらいです。

2012年に観た映画、反省と今年への展望。

20130105


とにかく、今年はいっぱい映画を観たい!
毎年そう思いながらも、年々減っていく鑑賞数。
中学の頃に映画を観ることに目覚めて、
今までの長い人生の中でずっと変わらない「大好きなこと」。
いろんな生活の変化があっても、やっぱり好きなんです。
映画館の座席に座ってスクリーンを見つめている時間。
昨年の映画館での鑑賞数は19本。
もっと観られたはずなのに、と後悔しきりです。

そんな中でもっとも愛すべき作品は・・・

「ヘルプ 心がつなぐストーリー」
「007 スカイフォール」

だったと思います。

見逃した作品「アルゴ」「ルアーブルの靴磨き」「裏切りのサーカス」
「私が、生きる肌」「ポエトリー アグネスの詩」など、
残念でたまりません。
映画館で観ることができた中では、
「外事警察 その男に騙されるな」「最強のふたり」
「レ・ミゼララブル」「ロック・オブ・エイジス」
「MI ゴースト・プロトコル」が今でも残っています。

嬉しかったことは、「トワイライト サーガ」シリーズに、
今になって出会えたこと。
中学時代に夢中になったコバルトブックス、アゲイン!って感じです。
あんなにベタでロマンティックな世界に共感できること自体に驚愕。
なんか、乾いてたんですね、自分・・・。
あの原作をかな~り忠実にビジュアル化できてる点でも、
(エドワードのキャスティングの賛否両論はあれども)
やっぱり、映画っていいなあ、と、心から思えたわけです。

てなわけで、このような感動をもっと得るために、
今年は映画、みるぞ~!と初心に帰るしだいです~。

「アウトロー」も観ますよ~。



Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。