スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無印良品のごみ箱と「あたりまえ体操」

110928



今日は本当にさわやかなお天気でしたね。
秋が急にやってきた、という感じ。
乾いた風が新鮮に感じられる季節がやってきました。
一番好きな季節、秋です。

無印の木製のごみ箱にスクエアタイプが出ていたんですね。
ふた付の丸型を買いに行って、悩んだ末にこのタイプを購入。
幅28.5×奥行15.5×高さ30.5と、少し小さめですが、
そんなに広くない我が家のリビングにはちょうどいい感じ。
存在感のあまりないところがお気に入り。
2500円とリーズナブルなところも嬉しい。

そして最近の大のお気に入りは、
お笑いコンビCOWCOWの「あたりまえ体操」です。
あたりまえ、あたりまえ、あたりまえ体操♪
多田さん(前のほうの人)の表情と山田さんの動きが絶妙で。
youtubeのリンクはこちら
音が出るのでご注意を。












スポンサーサイト

ご挨拶

  • 2011/09/26 00:19
  • Category: 日常
110925

終わってしまいました、3連休×3連休。
大きなイベントは何もなかったけれど、
ゆっくりのんびり楽しかったなあ。
ささやかに好きなものを食べたり、
しっかり家の掃除をしたり、
時間をかけてお店を見て歩いたり、
余裕がないとできないことが、3連休だからこそできました。

STOCKMANN HOTEL の2011年の日記をこちらに移しました。
仕事が変わり自由な時間がぐっと少なくなり、
更新の回数もめっきり減ったため、これではいかん!と思っていました。
BLOGの形のほうが気楽に更新できるのでは?と、
こちらを試してみることにしました。
以前のBBSも閉じました。
いつも書き込みしてくださった皆様、
ありがとうございました。
これからはこちらへのコメント、お待ちしています。
過去の日記はBACKNUMBERから見られるようになっています。
やっぱりBLOGが合わないな、と思ったら、
すぐに以前の形に戻します。
そんな気楽な感じです。
よろしくお願いしま~す。










IPHONE!

  • 2011/09/19 00:05
  • Category: 日常
zita

録画してあった“若草の萌える頃”久々に観ました!
このラストシーン、相変わらず素敵!
 


お天気続きの三連休でしたね、
みなさま気持ちよく過ごされましたか?
私は何も予定もなく、食べて飲んでテレビ観てたくさん寝ました。
この3日間、CSの無料放送があったので、
いつも観られない「宝塚スカイステージ」をせっせと録画しました!
「風とともに去りぬ」「夢の浮橋」「太王四神記」など・・・
瀬名じゅん様、かっこういい~~~~!
と、いまさら目覚めてみたり。
3日間とも、夜はささやかに外食をして、
夜ごはんつくりからは開放されました~。
家の者が携帯からiphoneに乗り換えたので、
その設定などを楽しくしたりもしました。
いいなあ、iphone。
YOUTUBE見放題です。
ipodの音、最高です。
でも慣れるまでは大変だ。
タッチの加減で面倒くさいことにもなるし、
同期もなんだかなあ。
ミュージックだけ取り込むにはどうしたら?
とか、いちいち悩んで試行錯誤。
私ももう少し研究してからスマホに乗り換えようと思います。
ワンセグ必須なので、どれが一番いいのでしょうか
詳しい方、ご教示お願いいたします。

明日から3日出社すれば、また3連休、わ~い。
今週末にはウォンビンの“アジョシ”を観に行きたい。
できればレイトで行きたいのですが、
運転できるようになっているでしょうか?
松嶋菜々子の「家政婦のミタ」 はどうにもこうにも楽しみです。
悦ちゃんの特別出演あり!と密かに期待しています。
黒木メイサのメイド姿といい、
絶対に “ハウスメイド”の影響があると思う 。

映画 ハウスメイド

house



公開を心待ちにしていた韓国映画、
「ハウスメイド」観ました。
かなりオリジナルを改編しているらしく、
すっきりとわかりやすいストーリー。
舞台となる富豪宅はめっちゃ豪華でえらいおお金持ち。
センスのよいモダンなお屋敷で、
毎日のお食事も素晴らしくおいしそうで。
愛しのジョンジェは相変わらずの男前にエエからだ。
ピアノも弾けるし、お金持ちのオラオラ感も上品に演じてました。
もう怖いもんなしなジョンジェ、素敵。
ヒロインのチョン・ドヨン嬢の、自分をすべてさらけ出しながらの、
みずみずしいのに安定した演技もいつもながら。
おつぼねメイドさん(仕事服が素敵)も、
妻も妻の母も、小さな娘も、
どの役の女優さんも相当なやり手ばかりで、
ドヨン嬢と互角に渡り合っている。
本当に、男性はジョンジェしか出てこない。
ジョンジェとその女たち、って感じ。
富豪の主人と関係を持ったメイド、
その後の展開は割りと予想のつく感じで、
妻やその母の策略も、ドロドロ感はあまりない。
最後の彼女の復讐に期待は集中。
彼女自身が本能のままに動いてしまった結果ゆえに、
女たちの怒りをかってしまったことは間違いないし、
もう少ししっかり危機管理しろ、と言いたくなるほど無防備。
だけど、あのメイドは本当に、
「他人のお腹の中の子供を愛せる」くらい慈愛に満ちていた。
あまりに悲しい復讐ではあるけれど、
もっとも響いてほしかった部分に、
しっかり響いたのだと思いたい。

私の満足度 ★★★☆

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。