DREAM GIRLS  ブロードウェイ・ツアー版

100605.jpg


ブロードウェイ・ミュージカル「ドリーム・ガールズ」を観ました。
ビヨンセ、ジェニファー・ハドソンの映画も大好きだったのですが、
それをはるかに上回る極上の舞台でした。
私的にはここ数年でナンバー1と言えるかも。
楽曲、キャスト、演出、美術、衣装、すべてが素晴しく、
非の打ち所がありません。
どっぷりとその世界に引き込まれ、
ずっと観ていたいという気持ちになります。
ブロードウェイのツアーの日本公演は、
字幕の問題があったり、キャストが薄かったりで、
あまり乗れないことが多いのですが、
このステージは違いました。
キャストの個性がはっきりとしており、
それぞれがとても魅力的で見せ場をしっかりと作ってくれます。
主要キャスト全員が渾身の歌唱で、何度もショーがストップしました。
ゴージャスなコスチュームにも目を奪われ、
LEDパネルを駆使した斬新な舞台装置も圧巻。
千秋楽だったので叶いませんが、すぐにもう一度観たいくらいです。
誘ってくれて、良い席を取ってくれた友人に感謝です。

渋谷の文化村のすぐ向かいにあるCAFE MICROCOSMOSは、
3時半までランチをやっていますが、
リーズナブルなお値段で、ドリンクバー付きでボリュームもあり、
中途半端な時間のお食事にオススメです。

スポンサーサイト

月組 「スカーレット・ピンパーネル」

100613.jpg


久々に宝塚観てきました。
月組の「スカーレット・ピンパーネル」です。
新・トップ、霧矢大夢さんのお披露目公演にして、
大人気の演目でもあるので、
なかなかチケット取れないはずなのですが、
宝塚ファンの先輩のコネでチケットを取っていただきました。
星組の元トップ安蘭けいさんの当たり役で有名な舞台です、
安蘭さんの「スカーレット・・・」、私もyoutubeでチェックしましたが、
読売演劇大賞優秀作品賞、菊田一夫演劇大賞受賞の名作。
本当に素敵でした。
お披露目でこれを演じる霧矢さん、
ものすごいプレッシャーだったでしょうね~。
その華やかな世界観と楽曲の素晴しさ、
宝塚で上演するのに相応しい素晴しい作品。
メインの2曲は、帰りに口ずさんでしまうほど耳に残ります。
普段から四季を見慣れていると、
宝塚の歌唱は今ひとつ技術的に物足りないのですが、
逆にビジュアル的には、美しく煌びやかなキャストばかりですし、
大劇場の広さやゴージャスな舞台装置などなど、
目の奥と脳裏にいつまでも残るキラキラで深い満足感が得られます。
いや~、宝塚ってやっぱりすごいです。

原作は「紅はこべ」として日本でも有名な冒険小説、
我が家の世界名作全集に収録されていたので、
小学生の時に読みました。
マルグリットにパーシー卿・・・だんだんと甦る記憶。
ルパン、ホームズ、明智小五郎など冒険推理物にはまっていた頃、
とても懐かしく思い起こされます。


Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!