市村正親 それぞれのコンサート

100311.jpg


こんなに市村さんをがっつり見たのは何年ぶりでしょうか。
変わらぬ優しい人柄、ユーモアで場内を和ませてくれた後、
四季時代の名曲「エビータ」「ハンス」「ジーザス」から数曲、
当たり役だったヘロデ王の歌には興奮。
当時の市村ヘロデ王のカリスマといったら、
もう伝説に近いものがあります。
これだけでも来た甲斐があったくらいなのですが、
「ラカージュ」の「ありのままの私」→
「ミス・サイゴン」の「アメリカン・ドリーム」では、
さすがの歌唱とそれに乗せた演技が鳥肌ものでした。
曲ごとにその世界を体現する才能は神から与えられた力です。
そして期待していた通りアンコールで、「オペラ座」メドレー。
圧巻でした。
四季時代を上回る最高のファントムを見せていただきました。
絶対に彼は今もファントムをやるべき。
やっぱり市村さんは日本ミュージカル界のキングです。
観に来てよかった~、心から。

お天気もよく、気分最高で、
その後お友達と銀座のスイーツ食べ放題の店でまったりしました。
平日昼間の観劇はやっぱり余裕があって嬉しい。


スポンサーサイト

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!