スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATS  @横浜

横浜は新高島にやってきた四季の「キャッツ」観てきました。
「CATS史上最高のCATS」という CMに偽りなし。
今まで観た中でも一番というくらいに感動しました。
五反田で観ていたときの「CATS」とは何かが違う、
もしかしたらステージの雰囲気、2階がなくなった客席のせいか、
広々としてミステリアス度が増しているにも関わらず、
なぜかキャストとの距離は縮まったような間隔。
オープニングからA・L・ウェバーのメロディラインが、
劇場内にしっくりと溶け込んで、それだけで泣けてきます。
素晴しいミュージカルはあまたあれど、 やっぱり私は御大の世界観が一番好き、
「オペラ座」「エビータ」「ジーザス」観るたびにそう再認識。
でもって、キャストが素晴しいの。
歌、ほぼ完璧。 ダンス、これ以上は無理だろ、ってくらいのキレと美しさ。
あっちでもこっちでも、しなやかに踊る猫だらけで、 どこを見てたらいいのか迷うほど。
何より素晴しかったのが、そのグルーヴ感。
個々のキャストの実力が、ひとつの渦となって伝わってくる。
全員で踊る「ジェリクル舞踏会」は圧巻。
今を彩る四季のスターが何人も配役されているのですが、
カンパニーとしてもかつてないほどのバランスのよさを感じたのです。
あとはもう、 「ああ、引きずりこまれていく 彼らのCATSの世界に・・・」
(山岸先生「アラベスク」より引用)
真のダンサー、シンガーがその力量をあますところなく発揮できる、
それが「CATS」だと思います。
ひとりひとりが本当に高度なテクニックを要求される演目です。
その力に加えて俳優としての存在感も兼ね備えたキャストばかり。
なおかつ、観客への感謝と優しさも溢れんばかりです。
すべての観客が熱い思いでアンコールを送り、
(立ってる人もブラヴォォ!と言ってる人もいました)
終了アナウンスが流れても拍手は途切れず、
明るい中で再度キャストが姿を見せてくれました。
私はシャイなので、手を振ったりとかあまりしないのですが、
なんかこの日はもう弾けちゃって「バハハ~イ!」状態。
席がC席の端だったのが幸いして、 ギルバート役の龍澤虎太郎さんに、
思いっきりの笑顔とともに力強く握手をしてもらいクラクラ。
間近で見た龍澤ギルバートは恐ろしいほどの美猫で、
すっかり心を持って行かれました。(バカ)
横浜のC席はかなり端っこ感が強く、横からほとんど見る感じ。
でも、猫達がかなり頻繁にウロウロしてくれて、 握手も高い確率で出来ます。
阿久津タガーを至近距離で見て、あまりのスタイルのよさにドキドキ。
何より3000円であのクオリティを体感できるのは素晴しいこと。
しかし、残念ながら年内は全席C席は完売の模様。
はあ~、今度はいつ行こうかしら? お金もないのに、お金もないのに。

スポンサーサイト

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。