CATS もうすぐ五反田千秋楽

本当なら今週で終るはずだった四季の「キャッツ」を観て来ました。
千秋楽が延びて5月3日になったのですが、
やはりそれに向けてキャストが少しずつ豪華になってきてます。
この日はマンカストラップ役に重鎮・芝清道さんが。
ほれぼれするようなリーダー猫を見せてくれました。
圧倒的な存在感です。
タガー役の荒川務さんは、実年齢をみじんも感じさせないアイドルっぷり。
スレンダーで引き締まったボディにうっとり・・・
あんな風に年をはねられたらどんなに素晴しいか~。
今日のグリザベラは木村智秋さん、初めて見る方ですごく若いグリザベラ。
情感のこもった個性的なお声ですが、声量が足りないので迫力に欠けます。
ダンスのほうはいつもながら大満足。
力のあるダンサーさんぞろいなので、どのシーンもワクワクでした。
岩崎晋也さんのミストフェリーズを初めて見ましたが、
あまりにもキレキレで力強い子猫ちゃん、
他の演目では何度か拝見してましたが、これほど実力のある方とは!
素敵でした~。
五反田のシアターではいつもC席ばかり買っていて、
初めて1階S席を取ったのですが、
さすがに1階ほぼ正面の席は見応えあるポジション。
ダンスもセットも迫力がばっちり伝わってきます。
ラストの群舞ではキャストの千秋楽に向けてのスパートを感じて感無量。
特別カーテンコールもあり、大満足のステージでした。
計算されつくした舞台、生き生きとしたキャストたち、盛りだくさんの名曲たち。
何度観ても「キャッツ」は本当に素晴しい。
千秋楽の週はもっと豪華キャストになるのかな・・・むむむ。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!