ミス・サイゴン 2008

いや~、ミュージカルって本当にいいもんですね!
久しぶりの「ミス・サイゴン」でリフレッシュ~。
決して楽しいお話ではないんですが、
やっぱり迫力の舞台ですし、キャストもいいんですよね~。
岡幸二郎さん演じるジョンの力強い熱唱、
一番の見せ場であるエンジニアの‘アメリカン・ドリーム’、
悲愴に響くキムのハイトーン、
女性アンサンブルのセクスィなバディとダンス、
男性アンサンブルの美しくもまとまりのあるコーラス・・・
クオリティ高かったです。
古いテイストなのはわかっていてもクセになってしまうわあ。
今回キムはソニン嬢、すご~くかわいいのにグラマラスで、
まだまだこなれていないけど、これからどんどん成長するでしょう。
何といっても演技に魂があります。
(何か常に猫背なのが気になったが)
エンジニア役は橋本さとしさん、ハマりすぎでしょ。
胡散臭いにもほどがあるし、スタイルがいいので映える。
ミュージカル的な魅せ方は市村さんのほうに分がありますが、
カーテンコールのサービスっぷりも好感~。
かなり盛り上がった客席、出演者さんも感無量といった様子でした。
生の醍醐味です。
また、帝国劇場は舞台の奥行きもあり、 演目が生きるんですよね。
仕方がないのですが、「ウィキッド」とかも
このくらい広い劇場でだったら・・・ などと思ってしまいます。
‘デファイニング・グラヴィティ’とかすごい迫力だろうな~、なんて。
こうやって大好きなお芝居のこと考えてる時って幸せです。
やっぱり月に一度は劇場です!




スポンサーサイト

夢から醒めた夢  北澤王子が配達人!

yume.jpg


「おじさん、夢の配達人のおじさん!」byピコ・・・

大好きな北澤さんが出演していらっしゃる
「夢から醒めた夢」を観てきました。
赤川次郎作の四季のオリジナル・ミュージカルですが、 数年ぶりの再見です。
「おじさん」と呼ばれるにはクールでニヒルすぎる北澤さん、
パープルのシャドウにロングコート・・・クラクラです。
また朗々と響くお声がステキです、
軽~く配達人のナンバーを歌い上げておられましたが、
ファンには曲数がもの足りません。
もっともっと聴かせてほしい・・・はぁはぁ(バカ)。
彼が出てくるたびにオペラグラスを構え身じろぎもせず凝視、
(B席の端っこでした)隣の人にもバレバレです。
覚悟はしていましたが、 この演目ハンケチ1枚じゃ足りません。
今回もハナ水ズルズルでした・・・。
泣きながら歌う知寿さんピコの姿が蘇えってきたりもしました。
真家瑠美子ちゃんのピコは今クール初日ということで、
こなすのが精一杯だったでしょうか。
麻美ちゃんとも知寿さんとも違う新しいピュアなピコって感じでした、
これからもっと伸びていくことでしょう。
前に観たときにはメソだった道口さんがデビル・・・
時の流れを感じさせてくれます・・・ 。
この役はどうしても光枝さんのイメージが強いのですが、
若くて力強い奇面組風デビルの誕生~、素晴しかったです。
北澤配達人、吉井ロビンソンみたいでとってもステキだったのですが、
やっぱり歌が少ないので早くまたフィエロってほしいです。
「55STEPS」への出演はどうなのでしょうか? 気になるところです。


Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!