スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点です! 「ふたりのロッテ」

rotte.jpg


劇団四季ファミリーミュージカル「ふたりのロッテ」を観て来ました。
私の四季デビューは地元の県民ホールに来てくれたこの演目です。
“サウンド・オブ・ミュージック”にも通じる中欧が舞台のガーリーミュージカル、
サマーキャンプに花のティアラ、ハイソックスにネグリジェ、
当時の私には眩しいヨーロッパの女の子たちの生活様式、てんこ盛り。
これらへの新鮮なときめき度は、時を数十年経た今でも変わらないのが怖い。
私のマドレーヌちゃん好きはここから来ています。

いや~、すごいです。
少女を演じているのは全員20代前半~後半の、
れっきとした成人女性なのですが、キャスティングの妙、
みんなティーンエイジャーでまかり通る。
かわいいったらありゃしない。
今回のロッテとルイーゼは特別に素敵でした。
優等生ロッテの吉沢梨絵さん(AVEX出身)はその存在感を封印、
なのにやっぱりオーラ出てるんだよねえ。
お転婆ルイーゼの五十嵐可絵さん、ルイーゼは見せ場も多いけど、
外すと恐ろしい役なのですが見事にコケティッシュに演じきってました。
身体能力も素晴らしいしね。
書割の舞台やら、左右でミュンヘンとウィーンの時間軸を繋ぐ演出、
う~んこれぞ舞台の王道、はああ満喫満喫。
夏の暑さに疲れてもいるけど、夏にまだ浮かれている私にドンピシャリな舞台。
行ってよかった!

パンフは500円、お手ごろなので思わず購入。
御大やら舞台監督やらの小難しい寄稿は一切なし。
むしろ大歓迎、全演目この薄さでよいから、この値段にせよ!
毎回買うから。
表紙イラストは高橋常政さん、
“ソフィーの世界”“バベットの晩餐”などの名イラストでおなじみ。
大好きなアーティストさんです。


スポンサーサイト

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。