運命じゃない人



「運命じゃない人」2005年

もう10年になるんだ、この映画と出会ってから。
その間に観た映画のベスト10に入るほど大好きな邦画。
考え抜かれた脚本、絶妙なキャスティング。
心に重く残るテーマなんかなくても、
粋を尽くした映像技術なんかなくても、
豪華なスターを配してなくても、
こんなに面白い映画が作れるんだ。
孤独な男女のささやかな恋の物語?と
思いきや、次のパートでクライムテイストに急展開するのには驚いた。
登場人物の行動のひとつひとつに潜む
「理由」が明らかになっていく様、
場面と場面が繋がっているのをみる楽しさ、
物語が意外な方向から収束していく過程。
巧いなあ、と唸りながらも、
なにか不思議と落ち着いた気持ちでみている自分。
全体に漂うほのぼのとしたムード、
決して先へ先へと急がないスロウなテンポも心地良い。
「30過ぎたら自分で何とかしないと運命の出会いとかないんだ。
クラス替えも文化祭もないんだから。」
素晴らしくリアルなセリフも聞き逃せない。
後半のサプライズポイントの連続に、
静かに胸躍らせたのがまるで昨日のことのよう。
未見の方は騙されたと思ってぜひ一度!
スポンサーサイト

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!