デトロイト・ロックシティ 



デトロイト・ロックシティ 
■DETROIT ROCK CITY 1999年

ロック好きなら、狂喜乱舞。
全編に70~80年代のヒットチューン満載!
1978年、最愛のバンドKISSのライブに行くために、
ふりかかる難関・妨害を乗り越えて突き進む、4人の高校生の青春の一夜。
ご都合主義もなんのその、この4人、本当にかわいい。
メインキャストのエドワード・ファーロングくんはもちろん、
全員が愛すべきキャラクター。思いっきりはじけてます!
時代考証もリアルで、本当にタイムスリップした気分。
そして最後は、お待ちかねのKISSのステージ!
血吐いてます!火吹いてます!ギター壊してます!
KISSはこの後、
‘I WAS MADE FOR LOVIN’YOU ’で一躍クラブシーンの旗手となるんだけど、
そういう皮肉も込められているところがいい。
本当に面白いから、ぜひ!
スポンサーサイト

バグダッド・カフェ



バグダッド・カフェ 1987年

大好きな映画、第4弾。

人種も生き方も全く違う二人の女性が、
カリフォルニア、モハヴェ砂漠の
ドライブインで出会い、
揺るぎない友情を育む。
そして殺伐とした周りのすべてを
オアシスに変えていく。
『コーリング・ユー』のメロディと、
色彩豊かなのに乾いた映像が
胸に刻みつけられて今も離れない。
公開当時、シネマライズで鑑賞後、
数ヶ月間この映画のことばかり考えていた。
『コーリング・ユー』を聴くたびにあの頃の自分を思い出す。

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!