2015年 劇場公開映画 ベスト10



今年の映画まとめ。
私的2015年心に残ったベスト10。
作品の出来に関わらず、ガツンと来たものだけをチョイス。
長くなります!
① アクトレス 女たちの舞台
ジュリエット、クリスティン、クロエ、時代を彩る女優3人の競演てだけでも眩しすぎるのに、それぞれの持ち味をフルに活かした演技合戦が凄かった。
加えて、ロケ地や舞台も、映画好き・旅好きにはたまらない。
見応えありすぎてクタクタに。
② セッション
後半の怒涛の展開と、クライマックスのステージに、手に汗握り大興奮。
面白すぎて2回観た。
テラーくん、J.K.シモンズ、最高!
③ 海にかかる霧
韓国映画はこうじゃないと!
人間の性、時代感、背景、リアリティありすぎて尋常じゃない。
切なくて怖くて面白い。
④ Mammy マミー
粗さを感じながらも、どんどんその世界観の虜に。
今でもスティーヴを思い出すと胸が締めつけられる。

movie3.jpg

⑤ M:I ローグ・ネイション
近年稀にみる完璧なアクション映画。
どのシークエンスを切り取ってもワクワクできて、なおかつ上品でクラシカルな仕上がり。
どんどんトムが好きになる。
大人なヒロイン、イルサにも萌え。
⑥ おみおくりの作法
真面目に慎ましく日々を送る男が見つけたささやかなミッション。
淡々と進む物語の中、彼がくれる優しさで胸が熱くなる。
ラストであんなに泣いたのはいつ以来だろう。
⑦ さよなら歌舞伎町
よくあるエピソードも、長くていらないシーンもいっぱいあるのに、忘れられない。
染谷くんはじめ役者がとにかくよかった。
日本映画の良さってこのチープさなんだろうなと思う。
もう一回観ろ、って言われると嫌だけど。
⑧ Dearダニー 君へのうた
とにかくアル・パチーノ。
いくつになってもアル・パチーノ。
素敵です。
加えて、ジョン・レノン、ショウビズとくれば、良くないわけがありません。
その他のキャストも魅力的。
⑨ 彼女と博士のセオリー
エディくんの演技も素晴らしかったのですが、綺麗事では済まされない夫婦の関係や変化を、上品に知的に描いてくれていて、人間ホーキング博士の魅力に素直に感動。
⑩ 黄金のアデーレ 名画の帰還
あの名画にまつわる歴史をこんな切り口で見せてもらえるなんて。
波乱に満ちた展開は想像以上。
現在と過去のバランス配分も絶妙。
ラストが好きです。

movie2.jpg

そして今年最もテンション上がった、フェス的2本。
「愛と哀しみのボレロ デジタル・リマスター版」
不世出の舞踏家ジョルジュ・ドンの神の舞に泣きました。
3時間、刮目し続けたので疲労困憊。
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」
新作をありがとう!
それだけです。
BB8、かわいすぎる。
スポンサーサイト

Dearダニー 君へのうた



Dearダニー 君へのうた

アル・パチーノの新作というだけでも嬉しいのに、歌って躍る姿が見られるなんて!
今回彼は落ち目の国民的歌手ダニー・コリンズに扮します。
冒頭、ノスタルジックな70年代のセットと一瞬映る若いダニーにドキリとする。
あれは誰が演じてたのでしょうか、とても心に残るワンショットでした。
そして現在の、アルコールとドラッグにまみれたドニー。
ああ、アル・パチーノです。
確かに歌って、ちょっと踊ってもくれましたが、やっぱりいつものアル様でした。
佇まいが普通じゃない。一挙手一投足に惹きつけられます。
マンネリ停滞自暴自棄丸出しのドニーが、ジョン・レノンからの手紙を数十年の時を経て、初めて読むシーンは白眉。
流れるイマジンとドニーの大きな瞳に溢れる回顧の光に胸が熱くなります。
ダメ男の心に去来する青春を垣間見た、ここが一番泣けました。
その後の彼の変化、家族との再会など、ひとり勝手な部分も否めませんが、憎めない。
破天荒な金銭感覚も楽しい。
アネット・ベニングはじめ、他の役者もみんなうまいから飽きない。
実話を下にしているこの物語、彼が演じることでまったく別のものになっているとは思いますが、
アル・パチーノを味わい、レノンの優しさと影響力に触れ、
いろんな人生に心を打たれます。
途中出てくる昔のアルとクリストファー・プラマーの写真など、
ちょっとした演出や小物まで気が効いていて、観てよかったなと素直に思える作品でした。

★★★★

2015-50

ヴィンセントが教えてくれたこと



ヴィンセントが教えてくれたこと

ビル・マーレイが大好きなんです。
やはり始まりは「ゴースト・バスターズ」だったのかな。
「おつむてんてんクリニック」とか「恋はデジャブ」のような純正コメディの彼が一番嬉しいのですが、
少しシリアス目の巨匠の作品でも、飄々とした自分の持ち味をそこに吹き込み、
不思議な可笑しみをもたらしてくれるのです。
自身が湛えるペーソスがどの作品からも薫ってきます。
この映画でもそうでした。
酒とギャンブル三昧の自堕落な老人ヴィンセントの本当の姿が、
隣に越してきた少年オリバーとの触れ合いで徐々に明らかになっていく様子が自然に描かれます。
だらしないだけに見えるダメ男が抱える愛を知ったとき、
なぜこんなに切なく愛おしい気持ちになるのでしょうか。
誰でも誰かの聖人になれる‥‥オリバーのスピーチにも泣きました。
ラスト、カセット型のウォークマンを聴きながらタバコをくわえ、
水撒きをするヴィンセントの姿が忘れられません。
やっぱり ビル・マーレイ、最高!

★★★☆

2015-49

罪の余白



罪の余白 

愛娘加奈の死の真相を突き止めようとする大学教授安藤と、
その死の原因である娘の友人咲との攻防の物語。
加奈の死までの経緯は冒頭描かれるので、謎解き型のミステリーではない。
若く美しく他人を意のままに操れるほどの知性を兼ね備えている絶対的な存在なのに、
深い闇を抱えた咲の人格がこの物語のすべて。
咲に翻弄される安藤や周囲の人間たちに苛立ち、
その言動に嫌悪を感じながらも彼女から目が離せない。
演じる吉本実憂は、ドラマ「表参道高校合唱部!」でも
スクールカーストの頂上にいる女子高生を演じていた。
全日本国民的美少女コンテスト・グランプリの肩書きに相反する
ヒールキャラを続けて受け入れた骨太な上昇志向に拍手。
その姿勢が「アイドルではなく本物の女優になりたい」という
咲の夢とリンクして一層臨場感を増幅させる。
全体的に突っ込みどころ満載のプロットにも関わらず、
内野聖陽、谷村美月らのやり過ぎない巧みな演技にも引き込まれる。
「白夜行」雪穂の人間離れした悪女とは違い、
身近に潜んでいそうな今どき女子高生のブレない悪が新鮮だった。

★★★

2015-54

ビッグ・ゲーム 大統領と少年ハンター



ビッグ・ゲーム 大統領と少年ハンター

みんな大好き、我らがサミュエル・L・ジャクソンが、ついにアメリカ大統領で登場!
そりゃ観たくなるよね〜。
暗殺の危機に瀕した大統領と偶然に森で出会った13歳の少年ハンターの友情とサバイバル。
男として成長していく少年オスカリに清々しい感動を覚え、
二人の間に育まれる絆に胸を熱くする。
驚くほど昔懐かしいタイプの冒険劇だけど、映像技術の発達は著しく、
チープな画作りは一切ない。
突っ込みどころ満載の無謀なアクションもお約束。
少年役のオンニ・トンミラくんの無垢で凛々しい面構えが素晴らしくて心に残る。
サミュエルたんは完璧にこの少年に食われてしまっていたが、
それはそれでいいんだね。
続編ありがプンプン匂うラストと、1時間30分という潔い上映時間が好き。
悪役チームにもう少し華があったらかなり魅力的な作品になってただろうなあ。


★★★

2015-47

キングスマン



キングスマン

予告の懐かしい音楽や軽快な会話で、
ワーキング・タイトル的なお洒落なスパイ映画をイメージしてると大変な目に合う。
何つったって「キック・アス」のマシュー・ボーンが撮ってるんだから、
一筋縄で行くはずない。
のっけから痛いシーンの連続。あわわ。痛いよ、痛いよ。
ロンドンの仕立屋に潜む歴史ある私設スパイ組織は
思った以上にスケールが大きく本格的。
新人選抜も命がけ。敵の悪巧みも世界規模。
いい意味で期待を裏切る世界観。
スタイリッシュな映像は目を見張る物があり、
ブリティッシュ風味はアッパーもロウワーも完璧で、
英国好きにはたまらない。
正統派スパイ要素満載ながらも、この監督ならでは破天荒さに度肝を抜かれる。
やりたい放題だ。
コリン・ファースのアクションは意外性と完成度の高さで魅せてくれて、
ファンにはたまらないカタルシス。素敵!
サミュエル・L・ジャクソンの悪カリスマっぷりも久々に堪能。
新星タロン・エガートンは堂々とこのイケてる大役をこなし、
未来を手中に収めた。
マーク・ストロングも美味しい役どころ。
それにしても、キル・ビル並の教会での大乱闘を筆頭に、
暇なく入れてくるスリルとアクション、この監督のエネルギー半端ないなあ。

★★★★

2015-48

TED 2



TED 2

降ったり止んだりの天気に惑わされてる間に8月が終わってしまって、もう9月。びっくり。
「TED2」を観たらちょっと元気出た!
とにかくテッドとジョンの蜜月モードが大好きで、そのラブラブっぷりを観てるだけで幸せな気持ちに。
テッドは相変わらずナチュラルに思うがままに生きてて、ビジュアルも含めクール。
そしてジョン!私的には、マーク・ウォールバーグ史上一番好きな役どころ。
ちょいダメ男好きにはたまらない。
子供のまま大人になったようなあの屈託のなさが大好き。
下ネタ、人種ネタ、おたくネタ満載だし、アメリカンゴシップも全部は理解できないから、
大爆笑とはいかないけれど、80年代愛や要所の大御所登場にクスクス。
新しいパートナー、サムもめちゃめちゃキュートで抜けてて好印象。ゴラム、確かに!
ダニー=リビシも健在。エンドロール後におまけもあり。早く続きが観たい!

★★★☆

2015-46




進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前編




進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 前編

永遠の課題、観てから読むか、読んでから観るか‥‥私は読んでから観るほうが多かったのですが、
今回は観てから読みました。
映画の巨人、気持ち悪い!
ふつうのおっさんとか中年女性とかの裸体で巨大化がこんなに恐ろしいとは。
今でも思い出すとフルフルします。
原作ではしっかりと説明され構築されていた、この世界の成り立ちと
システムが映画ではめちゃめちゃ端折られててチープに感じました。
仕方ないとわかっていても日本人ばかりのキャストにも違和感。
読んでてガツーンと泣けた「世界は残酷」というミカサの言葉が、
映画ではまったく響かなかったのも残念。
限られた時間の中でのことなのである程度は仕方ないけど、
主要人物の背景はもう少し見せてくれないと説得力ないです。
最新の技術を駆使しているに違いないのに、
なぜこの程度のスケール止まりなのかも不思議でたまりません。
マンガよりマンガっぽいぞ!
キャストはみんな頑張ってたけど、無駄に見せ場作ってあったりでバランス悪い。
まだ5巻しか読めてないけど、原作の深さが際立つ映画化でした。後編頑張れ!

2015-40

★★☆

ジュラシック・ワールド 




ジュラシック・ワールド 

ついにオープン「ジュラシック・パーク」!いや「ジュラシック・ワールド」。
いろいろあり過ぎたけどやーっと開園したか~・・・と感無量で見守る。
恐竜ファンでない者でもなぜかロマンをあおられた元祖「ジュラシック・パーク」。
大草原で群れをなす恐竜たちを初めて見たときの感動は今でも忘れらない。
正直あの時ほどの高揚はなく、突っ込みどころは多々あるものの、やはり今作も楽しかった。
ワクワク。
その立役者はもちろん、ホラーでかわいいラプトル4きょうだいをはじめとするダイナソー軍団なのだけど、
クリス・プラット演じる飼育係のオーウェンの存在がかなりよいのだ!
勇敢で誠実で逞しく、久々の正統派ヒーローなのだ。
お約束のセキュリティ決壊、逃げ惑うティーンエイジャーに加わった、
このガーディアンの存在が物語に安心感と別のドキドキを与える。
ヒロイン的立ち居地のブライス・ダラス・ハワードは好きな女優さんだけど、
今回は風変わりなキャリア・キャラで登場。
「ロマンシング・ストーン」のキャスリーン・ターナーよろしく後半ワイルドに脱皮。
懐かしさを感じさせる設定多し。
最近公開の大作を見るにつけ、今時のCGって何でも出来るんだなあ、と感心しきり。
恐竜たちの疾走にバトル、ほんとにリアルで大変な迫力だ。こ
の愛すべきシリーズの復活に惜しみない拍手。続編も楽しみ。

★★★

2015-43

アリスのままで




アリスのままで

年齢を重ねるごとに、人や物の名前が出てこなくなる、確実に物忘れが激しくなっている。
若年性アルツハイマーというワードをあちこちで聞くと、自分は大丈夫か?と心配になる今日この頃。
ジュリアン・ムーアが演じるのはその若年性アルツハイマーの中でも遺伝型を発症した大学教授。
父親から受け継いだ病。聡明な彼女は自身で異変に気づき、結果を受け止め、家族に告げる。
どんどん記憶は抜け落ち、仕事にも影響が出る。
トイレの場所もわからなくなる。
そんな悲しい状況を、この映画はギリギリのラインで美しく描く。
少しずつ自分が自分でなくなっていく感覚は、病でなくても年を取れば誰でも思い当たる。
それが急激にやってくる恐ろしさ、大切な子供たちにも受け継がれているかもしれないという切なさ。
淡々としたタッチではあるが、ジュリアン・ムーアの名演が心を揺さぶる。
病に抗いながらも、どんどん変わっていく日常、乏しくなる表情。
それでも彼女は美しい。
の美しさが救い。大学教授として尊敬を集め、セカンドハウスを持ち、
聡明な子供たちをこの世に送り出したアリスはいつまでも皆の愛するアリスなのだ。
今をときめくクリステン・スチュワートを筆頭に、
ケイト・ボスワーズ、アレック・ボールドウィンなどのハリウッド的なキャストを脇に配して、
このテーマの作品というのもある意味すごい。

★★★☆

2015-38

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!