コーラスライン 四季版

chorusshiki.jpg


8月にブロードウェイ・キャストの素晴しいステージを観たばかりですが、
やっぱり日本語のほうもなかなかによかったです。
字幕を見なくてもいい、これは楽です。
1階の後ろから2列目の6000円の席だったのですが、
自由劇場は1階席の奥行きがそんなにないので、
ステージがそんなに遠く感じないのです。
そして、なんと加藤敬二さん演じるザックが私たちの真後ろに!
地声でビンビン敬二さんの声が聞こえてきて、
なおかつステージ上のキャストが私たちに向かって話しかけてくる感じの、
思いがけない良席でした。
歌も踊りも大好きな演目なので、感動度はキャスト次第、
この日のキャストは初めて見る方もいれば、
大御所クラスのベテランさんもいて、ちょっと不思議な感じ。
以前から好きだった道口さんのボビー、
今日も相変わらず素敵な声と姿勢の良い立ち姿が嬉しい。
初めてその愛らしいお顔を生で拝見した谷口あかりさんのマギー、
可愛いソプラノですがもう少し声量を出してもらえたら最高でした。
マギーはやっぱり「アット・ザ・バレエ」のソロが決めどころなので。
シーラは増本藍さん、お顔がやっぱり美しい!ほれぼれ。
欧米30歳のちょっと崩れかけたボディラインがリアリティあり。
マイクの斉藤・双子兄・洋一郎くん、初めてお声を聴いたかも?
相変わらずダンスがフレッシュですよね。
青山弥生さんがコニーと聞いたときには驚きました。
私が初めて「オペラの怪人」を観た時にメグ・ジリーだった青山さん、
年齢を重ねてもキレのあるダンスと表情は健在で嬉しくなりました。
今回一番印象に残ったのが、ヴァル役の石塚智子さんです。
以前の公演のクリスティンよりもずっと輝いてました。
すごくセリフが流暢で四季っぽくない。
なのにちゃんと耳に入ってくるし、声もダンスも不思議な色っぽさがあります。
スタイルが抜群で足が長い~。
今まで観た中でもお気に入りな石塚ヴァルです。
ポール役では初めて、そして舞台で久しぶりに拝見した田邊真也さん、
うわ~痩せたなあ、というのが第一印象。
そして相変わらずのキレキレのダンスに感動~。
やっぱり田邊さんはミュージカルの人でいてほしい。
見せ場のポールの語りのシーンよりも、私はダンスシーンに釘付けでした。
ダンスといえばリチー、松島さんのダンスも際立ってました。
振り付けに独自の小ネタを散りばめたさすがのダンス、
ソロの部分がワンシーンなのが惜しいくらい。
影山徹さんのラリーも素敵で、私の理想のラリーに一番近いかも。
坂田さんのキャシーは年を重ねるごとに美しくなってます。
ダンスに 深みが加わったような。
あれだけの踊ってさらに歌わなければいけないキャシー、
この役を演じるのは本当に大変でしょうし、
それだけに演じる甲斐のある大きな役ですよね。
樋口麻美ちゃんのキャシーなんてどうですかね?
彼女の踊りのセンスはかなりだと思うし、
歌はもちろん、キャシーの華やかさも持ち合わせているし、
ぜひ観てみたいです。
センターブロックの観やすい席で、ダンスの素晴しさは充分に堪能したのですが、
頭上に2階席があるからか歌がこもっているような感じで、
それぞれのソロもコーラスもあまり伝わってこない気がしました。
なのでちょっと歌の部分では不完全燃焼ぎみ。
特に「愛した日々に悔いはない」では、曲のよさを知っているだけに、
個人的にガッツリ盛り上がりたいため、
大声量で歌い上げてくれるソロのキャストを望んでしまいます。
そして重なるコーラスももっと迫力を求めてしまうのですが、
この日は席のせいなのかなんなのか、
この曲での感動が今ひとつな私でした。
大好きな演目なので、またお目当てのキャストさんが登場したら、
再見に出かけたいと思っています。


スポンサーサイト

A CHORUS LINE ブロードウェイ・ツアー版

chorus.jpg


楽しみにしていたブロードウェイミュージカル「コーラスライン」
観てきました。
久々のオーチャード・ホールです。
広い会場にお客様は満杯、実質前から5列目という良席でした。
迫力の生オーケストラによるI hope i can getに鳥肌。
力強い演技と確実なボーカル&ダンス、
何度聴いても素晴しい楽曲と構成に酔いしれる。
キャシーやヴァルがちょっとぽっちゃりでアレ?と思いましたが、
実力のあるキャストだと思います、伝わってくるものがありました。
キャシーのMusic&Mirrorのダンスは多くのミュージカルパートの中でも、
1・2を争うほど好きなのですが、
こんなに間近で汗がほとばしるキャシーを観たのは初めて。
作品の魅力は語りつくせないほどですが、
カンパニーとしてのまとまりもかなりなもので、
余裕さえ感じる出来でした。
観客はかなり引き込まれ、大きな拍手と歓声。
また劇団四季の日本語版も観たくなりました。

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!