最高の「アイーダ」  濱田さん&阿久津さん&光川さん  

aida.jpg


つい数日前に観て、もうしばらくはいいかな、と思っていた「アイーダ」ですが、
ラダメスに阿久津さん登板と聞いて、いてもたってもいられず突発。
おまけに、アムネリスもクール・ビューティ光川さんに変わったとのことで、
期待は2倍に膨らみます。
チケット売り場は当日券の受け取り、発売、ともに長蛇の列。
リピーターさん&阿久津さん目当ての人ね、きっと。
私がチケット取った一昨日にはまだ空いていた1階席後方も、
ずいぶんと埋まっていました。
何だか始まる前から熱気を感じる場内に、私の気持ちも昂揚。
すぐに登場の光川さん、うわ、きれい!細い!
モデル並みの細さと、均整の取れたスタイル、顔小さい!
と早くも興奮状態。
その上に、地声の響きがすごいし、歌もかなり安定しています。
韓国の方ですが、セリフもソツなくこなしています。
いや、本当に美しいので、見ているだけで幸せな気分になれるの。
これってアムネリス的には重要なことですよね。
でもって、阿久津さん、あのスタイルのよさはやっぱり得です。
立っているだけで目を引きます。
顔は相変わらず濃いので、オペラグラスで見ていると、
うわ怖っ!という表情もたびたびなのですが、
舞台上での全体的なバランスが素敵なのです。
背の高い光川アムネリスともお似合いです。
ずっとCDで聴き込んでいた阿久津ラダメスですが、
正直、CDの歌唱は荒削りで安定感に欠けている印象がありました。
いや~、録音の頃と比べて、歌が格段に上手くなってますよね。
やっぱりWSSトニー役の賜物でしょうか。
安心して聴く事ができたし、言葉に感情もしっかり入ってます。
1階席だからか、めぐ様アイーダの声量も素晴しく、
C席観劇の日とは違ってぐいぐいと入ってきます。
そして、この日のアイーダは本当に可愛くて、恋する女そのもの。
いつもそう演じているのでしょうけれど、
相手役が変わるとムードも変わって見えてしまうのかもしれません。
終始、ふたりの恋の行方にときめきを感じてしまいます。
阿久津ラダメスは想像していたよりもワイルド感は抑えめ、
上品で少しだけセクスィな感じでした。
「迷いつつ」で、ラダメスがひざまずくシーン、
女性の皆さま全員お好きかと思いますが、
背の高い彼がそうすると必要以上にぐっと来ちゃいますね。(バカ)
席のせいか、今日はメレブの細かい表情もよく見えました。
有賀メレブはとても爽やかでしかも情感たっぷりなので、
観客に愛されている雰囲気。
なので、彼が亡くなるシーンではすすり泣きがあちこちから。
ここで皆さんの涙腺が決壊してしまうのですね。
アンサンブルでは、黒川輝さんが「神の愛するヌビア」で、
泣きながら魂こめて歌っていたのが心に響きました。
彼はネヘブカを連れ去る兵士の役もやっていましたが、
あの時の冷酷な眼差しとこのシーンではまるで別人。
線の細い方だなと思っていましたが、
感情を込めて演じられる一体型の役者さんなんだな、
と彼を再認識しました。
光川さんの「真実をみた」は、その儚い容貌と相まって、
繊細な歌声が曲の悲しさを引き立てておりとても好きです。
本当に私は彼女のビジュアルにノックアウトされてしまったようで、
お姿を見ているだけでうっとりとしてしまいます。
それだけでも来た甲斐があったと思えるほど。
とにかく今日のキャストはバランス、実力ともに素晴しいコンビネーションでした。
それを裏付けるかのようなオール・スタンディング・オベーション、
飛ぶ喝采、明るくなっても止まないアンコールの拍手、
キャストの皆さんも驚くほどの盛り上がり。
私もその熱い余韻を抱え、夢見心地で帰り道につきました。
ああ、舞台って本当に素敵です。


スポンサーサイト

お正月! アイーダ

2010年、初観劇。
C席を入手したので、初・四季の同僚を誘って、
お正月の浮かれ気分で出かけました。
う~ん、C席は人を誘いやすいけれど、やっぱり遠いなあ。
めぐ様アイーダにナベ・ラダメス、由衣ちゃんアムネリスの、
いつものメンバーに、有賀光一くんメレブがお初でした。
有賀くんの若いメレブはかわいくて新鮮で、
歌も巧いし間もばっちりで何度か大きな笑いも。
宝塚ファン歴長い友人、 舞台を観る目は肥えています。
そんなに演目自体を気に入った様子ではなかったけれど、
四季の人はみんな上手いね、すごいね、と褒めていました。
しかし、あの将軍役はもっと若くてかっこいい人がよかった・・・と、
的を射たお言葉・・・。 はい、今度また別のキャストの時にお誘いします 。
そして今度は1階のいい席で観ていただきたいな。
舞台のあとはシティ・センターの「ベトナム・フロッグ」で一杯。
新年の観劇&ビールで幸せ気分~。 浮かれて結構、飲んじゃいました。

アイーダ  めぐみさん&金田さん

さて、いろんなメディアでも取り上げられ、 チケットの売り上げも好調な四季の「アイーダ」・・・
期待の新ラダメス、金田俊秀さんがデビューしたと聞いて、
毎日ソワソワしていたのですが、やっぱり観に行って来ちゃいました。
S席1階もチラホラと空いていたのですが、
4列目センターブロックがあったので2階席からの観劇です。
今度はちゃんと最初から観ました!(当たり前)
いや~、オープニングいいですなあ~。
何かが起きそうな博物館内、すれ違う白い服の人々、
アムネリスの後姿・・・ワクワクします。
やっぱり金田さんは背が高い、かっこいい~。
お顔立ちはしっかり韓流ですが、彫りが深くて精悍です。
アムネリス、アイーダに惚れられるだけのオーラがあります。
そして、ううう、歌が巧い~~~。
高音がしっかり音程取れていて、伸びる、あぶなげがない! 感動です。
いやはや、CDの阿久津ラダメスの上の上をいく巧さです。
(もちろん阿久津さんには阿久津さんの良さがあるけれど)
1曲終わるごとに、次の曲への期待が膨らみます。
私の大好きな「儚い喜び」の「ど~なったのだあ~、この俺は~」 の部分が、
思っていた以上にソフトタッチでドキドキ。
お稽古のときより少し抑えていたように思います。
「迷いつつ」ではめぐみさんの声量に負けないながらも、
手やお顔は激しく演技をされていて、
触りすぎなくらいアイーダを求めておられました。
なんつ~か、爽やかなエロス? いやこりゃ忙しくて大変な曲だよ~、とゴクリ。
私はしっかりと2階席からオペラグラスでチェックしてましたが、
いろんな場面での表情もかなり気持ちが入ってました。
残念な部分といえば、やはりセリフ。
しっかりと発音されていましたが、わずかながら残る違和感。
四季の独特の発音方法でうまくカバーされていますが、
やはり固さを感じてしまうのです。
とはいうものの、異国の言葉をこれだけネイティブに近く操れるなんて、
本当に外国人キャストさんの努力には恐れ入ってしまいます。
素晴しいです。
まだ登板して1週間、これからどんどんこなれて、
最終的にはまったく気にならなくなると思います。
格好良くて、優しくて、歌がめちゃめちゃに巧い金田ラダメス、
何度でも観ても飽きる気がしない、またすぐにでも観たい。
そして由衣さんのアムネリス、今日は一段と歌が冴えてました。
初日はめぐみさんの素晴しいアイーダで頭がいっぱいでしたが、
今日は由衣さんの歌も堪能でき、
やっぱり優しくてかわいくて好きだなあ、と改めて感じた次第です。
ネヘブカの松本さんの歌も澄んだ声で美しかったし、
ワイスさんは一番エジプト人っぽく、
「どちらかというと傍で声援を・・・」をでも大爆笑を取ってました。
ゾーザーズのイケてる面々のお顔もチェックできたし、
大好きな「オーケー、メレブ。早くしてくれよな。」も聞けたし、
実りの多い観劇でありました。
めぐみさん、今日は3回泣いてたな・・・
カーテンコールの小走りもかわいかったなあ。
2階席からは機能的で美しい舞台装置の素晴しさがよくわかります。
金田ラダメスの力もありますが、本当に2回目の「アイーダ」はよかった。
きっと金田さん以上の色気を持っているに違いない、
阿久津・シャウト・ラダメスも早く観たいです。


初・アイーダ

体調今ひとつながらも楽しみにしてた3連休、
そう今日はいよいよ劇団四季の「アイーダ」初鑑賞の日。
なのに、朝からの野暮用がかなり押してしまい、
わずかながら開演に間に合わず、人生初の途中入場という大失態!
でもそんなかわいそうな人は私だけではなく、 他にも5人ほどいらっしゃって、
みんなでロビーのモニターで5分間ばかり鑑賞。
ラダメスの歌う「勝利ほほえむ」の終わりから入場することができました。
「アイーダ」はオープニングがいいのよ~、と聞いていたので本当に残念。
東京での上演は初めてなので、CDで曲しか聞いたことのなかった「アイーダ」、
ヌビアの女王なのに敵国エジプトに捕らえられ奴隷となり、
将軍ラダメスとの恋に落ちながらも、
自国の再建のために立ち上がるアイーダの物語。
だいたいの粗筋は知っていましたが、それほど興味がある演目ではなかったのです。
実際に舞台を観た今も、シンプル過ぎる物語にも物足りなさを感じたり、
古代エジプトという背景とエルトン・ジョンのポップスの組み合わせが、
今ひとつしっくり来なかったりしていますが、
主演の濱田めぐみさんの圧倒的な実力と存在感ともに、
私を素晴しく惹きつけてくれた大きなポイントが・・・
それは将軍ラダメスがアイーダにメロメロになっていく過程であります!
やんちゃでお人好し、女よりも遠征が好き、 でもいでたちはワイルドでちょい悪風。
硬派な彼が、実は女王ゆえに天然ツンデレなアイーダに、
会うたびに夢中になっていく感じ・・・た、たまりませ~ん!
「俺を見てたな?」とか聞いちゃったり、 自分の婚約者であるアムリネスの寝所に入ってまでも、
アイーダに強引に会おうとするところとか・・・いいわ~!
でもって、ふたりが結ばれる「迷いつつ」のくだり、
ひざまずいてアイーダを抱きしめるラダメスと、
もう自分を抑えられなくなって彼の上着を脱がせちゃったりするアイーダ、
いや~なかなかにセクスィなシーンでして・・・大好きです!
濱田めぐみさんって、凛とした風情でお顔立ちもどちらかというと地味め、
優等生的な感じがする方なのですが、私はこの人にそこはかとない色気を感じるのです。
こういう一見禁欲的な女性が、恋に目覚めた時の解き放たれたエロスというか・・・
「ウィキッド」エルファバの時も、フィエロとのラブシーンにドキドキしました。
この日のラダメス渡辺正さんはお顔はまあまあワイルドなのですが、
何か精彩に欠けるというか動きがシャープじゃないというか、
完璧にめぐみアイーダに尻に敷かれている感じなのですが、
それでもときめいたくらいなので、このラダメスというキャラはかなり私好みかも。
ラダメスのキャスト替えあったら、即2回目の観劇にGO!です!
めぐみさんのアイーダ、素晴しかったなあ。
歌、表情、何もかもに魂がこもっています。
四季の、いや日本ミュージカル界の宝ですよね。
飯野おさみさん率いるゾーザーズのダンスも素敵。
アンコールはスタンディング・オベーション、
めぐみさんの時はひときわ大きく鳴り響き、何度も続きました。
そんなめぐみさんを見つめる渡辺ラダメスの笑顔が印象的、
本当に彼女が好きなのでは?と思わせるような優しさ。
渡辺さんはすごくお顔とは裏腹に柔和で楽しい方なんでしょうね。
先に観劇した友人が、「2回目のほうが良さが実感できる」と言っていたので、
私も次の観劇がすごく楽しみです。
またラダメスに骨抜きにされたいです~(バカ)。



Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!