ラブ・ネバー・ダイ @日生劇場

IMG00744[1]


愛する舞台「オペラ座の怪人」の続編、
「ラブ・ネバー・ダイ」のホリプロキャスト、観て来ました。

いや~、びっくり。
ファンの度肝を抜く驚愕の展開に唖然。

以下ネタばれ全開の感想は右下の【continue】から。








スポンサーサイト

『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in ロンドン

111105


「『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in ロンドン」
の上映を近くの映画館で観てきました。
今年の10月1日・2日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催された、
同公演の25周年を記念した特別上演を映像化したものです。
チケットはわずか5分で売切れてしまったとのこと、
もし私がロンドンに住んでいたとしても、
絶対に入手できなかったに違いないプレミアム公演です。
全世界の「オペラ座」ファン垂涎の2夜、
そんなお宝公演を遠く離れた日本でも1ヵ月後に観られるんですから、
本当に便利な世の中になりました。
チケットは特別料金2000円、
普段は1200円以上では絶対に映画を観ない私ですが、
今回ばかりは迷わず購入。
以下、かなり長文になってしまったのですが、感想を。
右下のcontinueからお入りください。




劇団四季 オペラ座の怪人 大阪四季劇場

111105


四季の「オペラ座の怪人」を観るために大阪へ。
久しぶりの大阪&「オペラ座」にワクワク。
大阪四季劇場の入っているハービスPLAZA ENTは、
素晴しく美しいビルディングで、クラシックなホテルのような内装、
ショップもたくさん入っています。
その7階、煌びやかに輝く四季劇場。
大きさは「海」と同じくらいでしょうか。
なんとお席が前から6列目、オペラグラスいらずの良席です。
席に着いてやっと気がついたこと、
オーケストラピットがない!
録音なんです、大阪オペラ座。
よく考えてみれば予想できたことなんですが、
これは大きな誤算でした。
幕が開き、オークション、オーバーチュアと進み、
ドンファンの勝利でのカルロッタは相変わらずの大声量、震えました。
この日のクリスティーヌは苫田亜沙子ちゃん、
強くて伸びるソプラノは絶好調といった感じ。
私のイメージするクリスとはちょっと違っているのですが、
どんどんキレイになっていくし歌もうまくなっています。
ラウルは鈴木涼太さん、半年以上お姿が見えなくて、
ファンの間でもその去就が取りざたされていただけに、
ラウルでの復活は本当に嬉しかった。
涼太さん、やっぱりかっこいいわ~。
名前のとおり涼やかで誠実そうなラウルに釘付け。
怪人は村さんでした。
久しぶりとはいえ、何度も拝見したファントムなので、
私の中に渦巻くマンネリ感は払拭できません。
正直そろそろ新しい怪人さんが観たかったです。
さすがのこなれたメンバーなので、
「プリマドンナ」や「支配人のオフィス」の重唱も素晴しい、
「墓場にて」のクリスの熱唱もよかった・・・
でも、最後の最後まで心がオケの音を求めてしまう、
やっぱり「オペラ座」だけは生音でないと~。

劇団四季吹き替え版 映画「オペラ座の怪人」

phantome.gif


先日の、金曜ロードショー「オペラ座の怪人」劇団四季吹き替え版、
ご覧になられましたでしょうか?
最強の主演陣の恐ろしいまでに完璧な歌声と、
舞台と寸分違わない日本語詞の再現、
四季ファンにはたまらない企画でしたが、
映画のみのファンの方には、「歌まで吹き替えるとは!」と、
評判がよろしくなかったようです。
確かに歌の部分では、口の動きと日本語が合っていなくて、
少し不自然でした。
だいたいのミュージカル映画の吹き替えは、
セリフだけは日本語で、歌の部分はそのままオリジナルを使う、
というタイプが多いのですよね。
でも~、四季独特の大仰な発声法は抑えられてましたし、
なかなか自然なそしてさすがの演技力と通る声、
一流の俳優が演じた吹き替えは素晴らしかったと思います。
まだこのメンバーではCDも出ていないので、
録画できて嬉しい~。

Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!