最新演出 ミス・サイゴン 帝国劇場

ac.jpg

ミス・サイゴン 2014 帝国劇場バージョンを観てきました。
市村さんのお加減が悪いので、
今回は見合わせようと思っていたのですが、
運良く千秋楽のチケットを譲って頂いたのです。
前期の新演出よりさらに進化した最新演出とのこと、
いくつかのセットの変化はわかり、
エレンにソロの場面ができたこと、
「アメリカン・ドリーム」の演出が変わっていたのもわかりました。
あと、ヘリコプター登場が映像と実物のミックスになっていたり。
私的には、前のセットのほうが舞台らしくて好きかも。
セリフは少しブラッシュアップされているようにも思いましたが、
そーんなに大きくは変わっていないような。
とは言っても、前に観たのはずいぶん前なのであまりよく覚えていないのですが。

続きは右下の【continue】からどうぞ。





スポンサーサイト

ミス・サイゴン 2008

いや~、ミュージカルって本当にいいもんですね!
久しぶりの「ミス・サイゴン」でリフレッシュ~。
決して楽しいお話ではないんですが、
やっぱり迫力の舞台ですし、キャストもいいんですよね~。
岡幸二郎さん演じるジョンの力強い熱唱、
一番の見せ場であるエンジニアの‘アメリカン・ドリーム’、
悲愴に響くキムのハイトーン、
女性アンサンブルのセクスィなバディとダンス、
男性アンサンブルの美しくもまとまりのあるコーラス・・・
クオリティ高かったです。
古いテイストなのはわかっていてもクセになってしまうわあ。
今回キムはソニン嬢、すご~くかわいいのにグラマラスで、
まだまだこなれていないけど、これからどんどん成長するでしょう。
何といっても演技に魂があります。
(何か常に猫背なのが気になったが)
エンジニア役は橋本さとしさん、ハマりすぎでしょ。
胡散臭いにもほどがあるし、スタイルがいいので映える。
ミュージカル的な魅せ方は市村さんのほうに分がありますが、
カーテンコールのサービスっぷりも好感~。
かなり盛り上がった客席、出演者さんも感無量といった様子でした。
生の醍醐味です。
また、帝国劇場は舞台の奥行きもあり、 演目が生きるんですよね。
仕方がないのですが、「ウィキッド」とかも
このくらい広い劇場でだったら・・・ などと思ってしまいます。
‘デファイニング・グラヴィティ’とかすごい迫力だろうな~、なんて。
こうやって大好きなお芝居のこと考えてる時って幸せです。
やっぱり月に一度は劇場です!




Pagination

Utility

Profile

ジル

Author:ジル
ジルです。
8年前から続けていた日記を引越し。
2011年からの記事をこちらに
移動しました。
映画や舞台やドラマを観ることが
大好きです。
プロフィールの写真は、
大好きなヒッチコックの映画
「フレンジー」のキャラクター、
モニカ女史。
めがねがクールです!